« [ド] ヘイヴン -謎の潜む町- | トップページ | [映] エンジェル ウォーズ »

2012年2月25日 (土)

[映] RED

 いやー、これは痛快。ちょっとあり得ない系ではあるけれど、いやあるかもしれないとも思える、楽しいアクション映画だ。

Red
 郊外の一軒家に1人で暮らす男フランク。平凡な日常の中で、彼の唯一の楽しみは、何かと用事を作って年金課の女性サラに電話すること。彼女との会話に癒される日々。彼女のいる街へ出かけることになったフランクは、初めて会うことを提案。だがその直後、フランクの自宅に武装集団が。一味を倒し、準備していた装備を持ってその場を離れたフランクは、電話が盗聴されていたことから、サラも危険と判断、彼女を拉致して一緒に逃亡。元CIA工作員であるフランクは、かつての仲間と協力して襲撃者を突き止め、反撃に出る。

 フランク役にブルース・ウィリス。彼のかつての仲間役で、モーガン・フリーマン、ジョン・マルコヴィッチ、ジェームズ・レマー(SATCのリチャード、デクスターのパパなど)。元MI6のメンバー役にヘレン・ミレン。彼らを追うエージェント役にカール・アーバン。彼の上司役にレベッカ・ピジョン(ザ・ユニットのライアンのしたたかな妻役など)。サラ役にメアリー・ルイーズ・パーカー。CIAの資料室係役にアーネスト・ボーグナイン。消防士役でグレッグ・ブリック(リ・ジェネシスのウェストン)。フランク達を売った男アレクサンダー役にリチャード・ドレイファス。そして、一番の黒幕、ロバート・スタントン副大統領役にジュリアン・マクマホン(チャームドのコール、NIP/TUCKのクリスチャン・トロイなど)。

 まだまだ若い者には負けないぜってなノリで、暴れ回る彼らは本当に痛快。ヘレン・ミレンがマシンガンぶっ放すところなんて、誰が想像しただろう。ただ暴れるだけではなく、笑えるシーンも多い。過剰なほどに周りを用心するマーヴィン(ジョン・マルコヴィッチ)に、みんな引き気味。空港でたまたま後ろを歩いていた女性を、「つけてきた」と捕まえて銃を向けたりすれば、ちょっとおかしいと思うのは当然だが、実は本当に彼らをつけてきた殺し屋だったり、たまたま上空を飛んでいるヘリを双眼鏡でチェックし、「さっきと同じヘリだ、危険だ」と見抜いた直後、本当に攻撃されたり。脚本がすばらしい。

 キャストが豪華なことは言うまでもないが、みんな年配。引退してもカンは鈍ってないぞと言うところがまたいい。久しぶりにスカッとした。

|

« [ド] ヘイヴン -謎の潜む町- | トップページ | [映] エンジェル ウォーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] RED:

« [ド] ヘイヴン -謎の潜む町- | トップページ | [映] エンジェル ウォーズ »