« [映] トゥルー・グリット | トップページ | [映] エンパイア・レコード »

2012年3月30日 (金)

[映] デビルクエスト

 原題"Season of the Witch"。魔女狩りの話のようで、どこが悪魔なんだろう?? と思って見ていたのだが… ちょっと、この邦題、ネタバレじゃないの??

Season_of_the_witch
 14世紀のヨーロッパ。十字軍の騎士として、キリストの名の下に激しい戦いを続けてきたベイメンとフェルソン。だが、あるとき、何の罪もない女子供を惨殺していることに気づく。嫌気が差した2人は戦線を離脱し、旅に出る。だがそこで目にしたのは、ペストで倒れる人々だった… 脱走兵としてとらえられた2人は、ペストで瀕死状態の枢機卿から、魔女と思われる女を魔女裁判にかけるため、修道院まで護送するよう命じられる。

 冒頭で、魔女と疑われた3人の女性が絞首刑にされるシーン。だがそのうち1人は生き返って逃亡。本当に魔女だったの?? と思うシーンだ。その後、戦って殺戮を続けるベイメンとフェルソンが登場。戦線離脱した後、ペストの大流行を知り、それが魔女の仕業だと噂されていることがわかる。なるほど、魔女がペストばらまいてるってこと??

 で、魔女らしき女性を護送するよう言われ、旅立つ彼ら。一見、いたいけな少女なのだが、スキを見せるとたちまちやられてしまう。すばしっこい上にものすごい力。明らかにただの少女ではない。やっぱ魔女ってこと?

 結局、修道院に着いたものの、みんなペストで死んでいて裁判どころではないことがわかる。そしてこの少女の真の目的が明らかになるのだが、魔女ではなく、悪魔だったと言うオチ。となると、"Season of the witch"っていう原題の意味がよくわからない。しかも、邦題はネタバレ。で、結局ペストをばらまいてるのが悪魔だったの??

 ベイメン役にニコラス・ケイジ。フェルソン役にロン・パールマン。この2人のコンビは、ツーカーの仲って感じで、なかなか楽しい。旅に同行した神父役にスティーブン・キャンベル・ムーア。枢機卿役にクリストファー・リー。ベイメンとフェルソンの上官役にブライアン・F・オバーン(ブラザーフッドのコリン)。

 最初の方のバトルシーンとか、悪魔との対決シーンとか、面白くなくもないが、どうもストーリーが今ひとつ…

|

« [映] トゥルー・グリット | トップページ | [映] エンパイア・レコード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] デビルクエスト:

« [映] トゥルー・グリット | トップページ | [映] エンパイア・レコード »