« [ド] CAMELOT ~禁断の王城~ | トップページ | [映] デビルクエスト »

2012年3月30日 (金)

[映] トゥルー・グリット

 父親を殺された少女が、復讐のために犯人を追うと言う西部劇。69年、ジョン・ウェイン主演の西部劇「勇気ある追跡」のリメイク。コーエン兄弟による監督、脚本。

True_grit
 父親を殺された14歳の少女マティは、父の遺体を引き取りにやってくる。だが、彼女はそれだけで引き下がらず、腕利きの保安官を雇い、犯人に復讐を誓う。保安官と共に追跡の旅に出たマティだったが…

 14歳の少女と言われて想像したのとは全く違う、なんともしっかりした女の子マティ。母は幼い弟妹の世話があり、おそらく失意で何もできないのだろう。代わりに遺体を引き取りにやってくる。気丈にも、悲しんでいるそぶりを全く感じさせない。さらに、大人相手に堂々と渡り合う。犯人追跡にはプロが必要である。さっそく腕利きの保安官を雇うことにするが、金がない。そこで、父に馬を売った人物に会い、馬は盗まれてしまったが、まだ引き取る前だったのだから金を返せと交渉する。渋る相手を話術で言い負かし、しっかりと金を取り戻す。感心するほどのしっかり者である。

 何人かいた候補の中からマティが選んだのは、ルースター。だが彼は飲んべえで、だらしのない男だ。かつては腕利きだったのかもしれないが、今は見る影もなく、小銭を稼いでは酒代に消える日々。だがマティに雇われ、彼女に信頼されることで、持ち前の能力を発揮する。

 もう1人大事な人物がいる。テキサスレンジャーのラビーフだ。マティと同じ男を追っている彼は、手を組もうと申し出るが、犯人をテキサスで裁きたいラビーフと、父を殺した罪で裁いて欲しいマティとで意見が決裂。一度は彼を敵視する。だが、次第に彼の誠実さに気づく。

 マティ役にヘイリー・スタインフェルド。この時実際に14歳くらいらしいが、大人顔負けである。ルースター役にジェフ・ブリッジス。酔っ払いオヤジだが、やるときゃやるぜと言った役。ラビーフ役にマット・デイモン。テキサスレンジャーの自慢話が鼻につく、嫌なヤツかと思いきや、意外といいやつ。そして犯人役にジョッシュ・ブローリン。彼と行動を共にするワル役にバリー・ペッパー。

 名優達が見せてくれる作品だ。

|

« [ド] CAMELOT ~禁断の王城~ | トップページ | [映] デビルクエスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] トゥルー・グリット:

« [ド] CAMELOT ~禁断の王城~ | トップページ | [映] デビルクエスト »