« [映] アジャストメント | トップページ | [映] トゥルー・グリット »

2012年3月27日 (火)

[ド] CAMELOT ~禁断の王城~

 かの有名な、アーサー王伝説のドラマ。この手の歴史物、以前は全く興味がなかったのだが、「ROME」にハマって以来、おもしろさがわかるようになってきた。

Camelot
 ブリテン王ウーサーの前に、突然姿を現した実の娘モーガン。父によって15年間修道院に入れられていた彼女は、父親と継母に恨みを抱いていた。モーガンは、魔術を使って父に毒を盛って殺害。それを知った魔術師マーリンは、ウーサーの隠し子アーサーを王位につけるため呼び寄せる。だが、王室は自分のものと考えるモーガンと、王位を狙うロットが手を組み、彼らを阻む…

 物語は、突然戻った王の娘モーガンによる王の毒殺から始まる。突然王の息子だと言われて唖然とするアーサーは、マーリンに説得されて王位につく決意をし、城へ向かうが、モーガンとロットらに阻止され、養母を目の前で殺されてしまう。今まで幸せに田舎で暮らしてきたのに、突然降りかかった災難に、マーリンを責めるアーサー。なんともショッキングな第1話である。

 アーサー役はジェイミー・キャンベル・バウアー。魔術師マーリン役にジョゼフ・ファインズ。モーガン役にエヴァ・グリーン。ウーサーの後妻イグレーヌ妃役にクレア・フォーラニ(CSI:NYのペイトンなど)。ロット役にジェイムズ・ピュアフォイ(「ROME」のアンソニー)。

 これからエクスカリバーとか、円卓の騎士とか出てくるのだろう。とりあえずまだアーサーは、王位を継げると聞いてやってきたのに、なんだ継げないじゃん、それどころかお母さん殺されちゃったじゃーん、マーリンなんてことしてくれたの~ってな感じである。

 まだまだ甘ちゃんなアーサーに対し、したたかで自身の美貌をうまく利用し、魔術まで操る悪女モーガンの方が一枚も二枚も上手。そんなアーサーが成長していくさまを見るのが楽しみだ。
 

|

« [映] アジャストメント | トップページ | [映] トゥルー・グリット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/54320784

この記事へのトラックバック一覧です: [ド] CAMELOT ~禁断の王城~:

« [映] アジャストメント | トップページ | [映] トゥルー・グリット »