« [映] アンノウン | トップページ | [映] チェイシング/追跡 »

2012年4月 6日 (金)

[映] キラー・インサイド・ミー

 クリミナル・マインドに出てくるようなサイコパスのお話。人は見かけによらないと言う意味では、怖い作品だ。

Killer_inside_me
 50年代、テキサスの田舎町。29歳の保安官助手ルーは、温和な好青年として周りに信頼されていた。ある日、町民からの苦情で、売春をしている女性を町から追い出すよう言われたルー。早速彼女の家へ行くが、若く美しいジョイスが激しく怒る様を見て惹かれるルー。彼女との激しいセックスに取り憑かれるように。だが、町の有力者の息子がジョイスにぞっこんであり、金でケリをつけようと考えた父親は、ルーに仲介を頼む。そこで、ルーの中に眠っていたある衝動に火がつき…

 ルー役にケイシー・アフレック(ベン・アフレックの弟だね)。ジョイス役にジェシカ・アルバ。町の有力者役にネッド・ビーティ。教師エイミー役にケイト・ハドソン。検事(?)役にサイモン・ベイカー(メンタリストのパトリック・ジェーン)。弁護士役でビル・プルマン。

 初めは、金目当てでジョイスを殺した(実際には死んでいなかったのだが)のかなと思うのだが、どうやらそうではなさそう。愛しているのに、殺さずにはいられないと言うことなのだろうか。エイミーについてもそう。結婚を控えて、相手は信頼しきっているのに、突然の殺害。一見、温和な人物であり、保安官助手という仕事もあってみんなから信頼されているにもかかわらず、実は何を考えているのか全くわからないと言う意味で、とても怖い人物である。みんなが彼のことを知っているようで、実は彼の本心を誰も知らない。温和そうで、堅実な職についているからと言うだけで信用してはいけないと言うことか。

 ストーリーはスリリングだったが、美女が突然ボコボコにされて殴り殺されるって、見ていて気持ちのいいものではない。性描写も生々しいし、なんといっても暴力シーンは残酷。R15指定。

|

« [映] アンノウン | トップページ | [映] チェイシング/追跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] キラー・インサイド・ミー:

« [映] アンノウン | トップページ | [映] チェイシング/追跡 »