« [映] ガンジー | トップページ | [映] メガマインド »

2012年4月22日 (日)

[映] ブラック&ホワイト

 突然、映画を見に行きたいと言う夫につき合って、シネ・プレーゴへ行くことになったのだが、特別見たい作品がない。さてどうするか… と検討の結果、時間的にちょうど良かったので、見てきた作品。なので、全くノーチェックで期待もしていなかったのだが、とても楽しめた。

Blackwhite
 CIAの腕利きコンビ、FDRとタック。抜群のコンビネーションで活躍していたが、任務での失敗から謹慎処分でデスクワークに。暇をもてあましたタックは、恋人紹介サイトに登録。ブロンド美女ローレンとのデートにこぎ着ける。
 一方、ガールハントのためにレンタルビデオ店へ行ったFDRは、ブロンド美女を見つけて声をかけるが、撃沈。その相手が気になって仕方が無く、こっそり調べ上げ、強引にデートにこぎ着ける。だがそれはローレンだった…
 お互いの意中の相手が同じ人物だと知ったFDRとタックは、紳士協定を結びつつ、ローレンをゲットすべく、あの手この手で相手を出し抜こうとするが…

 スパイ物かと思いきや、ラブコメである。アクション・ラブコメとでも言うのだろうか。その点が斬新だと思う。

 FDRとタックは、仕事上でも私生活でも相棒であり、親友。真面目で飾らない、まさにイギリス紳士な感じのタックに対して、おしゃれで格好良く、いかにも遊び人タイプのFDR。全くタイプの違う二人だが、女性の好みが同じとは。そして二人の意中の相手ローレンだが、彼女も決して悪女ではなく、罪悪感を持ちながらも、親友の言葉に乗せられて、ついつい二股という点が好感持てる。

 なんと言っても、ポスターの言葉通りの「史上最大の職権乱用」が面白い。お互い、相手のデートの様子を監視。盗撮、盗聴、尾行、なんでもアリである。デートが架橋に入ってくると妨害。親友同士が一人の女性を巡って仲違いしてしまうが、そこはやっぱり長年の親友。そのくらいのことでチームワークは崩れないところがいい。

 FDR役にクリス・パイン。タック役にトム・ハーディ。ローレン役にリース・ウィザースプーン。二人の上司役にアンジェラ・バセット。

 プレイボーイな感じのFDRに嫌悪感を持っていたローレンが、彼の意外な素顔を知り、次第に惹かれていく様子もまたいい。(だが、個人的にはタックだな) アクションあり、お色気ありで笑える部分も多く、とてもおしゃれに仕上がっている。ただ、邦題の意味がよくわからない。原題は"This means war"。まさに。

|

« [映] ガンジー | トップページ | [映] メガマインド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ブラック&ホワイト:

» Black&White あまりにもお馬鹿すぎて大爆笑! [労組書記長社労士のブログ]
【=19 -1-】 この映画も最初はちっとも興味なかったのだけど、何度も何度も予告編を見せられているうちに「面白いかも」と洗脳された作品、ではでは「すかーっと笑わせて頂きましょう」ということで鑑賞。 封切りから3日目、雨の日曜日の11時台の上映、老若男女まんべん...... [続きを読む]

受信: 2012年4月23日 (月) 12:15

» 「Black & White / ブラック & ホワイト」職権乱用し過ぎ! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ブラック&ホワイト] ブログ村キーワード  「チャリ・エン」のマックG 監督最新作。「Black & White / ブラック & ホワイト」(20世紀フォックス映画)。なかなか結構ハチャメチャな“ラブ・アクション・コメディ”に仕上がっております。  CIAのトップ・エージェント、FDR(クリス・パイン)とタック(トム・ハーディ)は、香港での秘密作戦で失態を演じ上司から内勤を命じられる。バツイチでひとり息子とも疎遠になりがちなタックは、寂しさから出逢いサイトに登録。その写真を見たOLロ... [続きを読む]

受信: 2012年4月23日 (月) 20:39

« [映] ガンジー | トップページ | [映] メガマインド »