« [映] ブラック&ホワイト | トップページ | [映] ザッツ・ザ・ウェイ・オブ・ザ・ワールド »

2012年4月23日 (月)

[映] メガマインド

 ファミリー向けアニメなのだが、悪役が主役ということで、ちょっと新しいタイプのヒーロー物だと思う。ヒーローとは何か、悪役とは何か、何が悪者を作るのかなど、なかなか考えさせられることが多い内容だ。

Megamind
 生まれたばかりで宇宙カプセルに乗せられ、地球にたどり着いた2人の少年たちは、それぞれ裕福な家庭と、刑務所の中に不時着。裕福な家庭で育った少年は、学校でも優等生。刑務所内で育った少年は、悪人達から悪事を教わって育つ。学校へ行くようになっても、その容姿からか、周りから嫌われ、いじめられて成長する。優等生の少年はやがてメトロマンとしてスーパーヒーローになって活躍。それとは対称的に、いじめられ、劣等感を持って育った少年は、メガマインドとして悪の道へ。メガマインドはライバルであるメトロマンを倒すために新兵器を開発。そしてついに念願かなうが…

 冒頭からずっと、このメガマインドが気の毒で仕方が無かった。何の不自由もなく育ち、恵まれた容姿、身体能力を活かしてヒーローとなったメトロマン。それに対し、出だしは同じなのに、ちょっとした運命のいたずらで悪の道に入ってしまったメガマインド。おそらく彼は、誰からも愛されないまま育ち、屈折してしまったのだろう。

 そんな彼が、ついに念願叶ってライバルを倒す。だが、念願だったハズなのに、ライバルがいなくなってしまったあとの世界は、なんともむなしいものになってしまうと言うのが面白い。張り合いがなくなってしまうのだ。そこで、新しいヒーローを自ら作り上げ、対決しようともくろむ。ヒーローに仕立て上げた男は、しょうもない怠け者だったために、力を得て悪人になってしまい… と、なんだか変な方向へ話は進む。この、予測不能な展開がまた面白い。

 声の出演は、メガマインド役がウィル・フェレル。メトロマン役にブラッド・ピット。人気キャスターのロクサーヌ役にティナ・フェイ。仕立て上げられたヒーローのハル役にジョナ・ヒル。メガマインドのサポート役、ミニオン役にデヴィッド・クロス(「ブルース一家は大暴走」のトバイアス)。テレビ局のメール係バーナード役にベン・スティラー。

 単純なヒーローものではないところがいい。大人も子供も楽しめると思う。

|

« [映] ブラック&ホワイト | トップページ | [映] ザッツ・ザ・ウェイ・オブ・ザ・ワールド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] メガマインド:

« [映] ブラック&ホワイト | トップページ | [映] ザッツ・ザ・ウェイ・オブ・ザ・ワールド »