« [映] 水曜日のエミリア | トップページ | 塩麹でパン part2 »

2012年5月12日 (土)

[ド] アルカトラズ

 AXNで始まったドラマ。ものすごく宣伝に力を入れていて、確かに面白そうではある。JJエイブラムズ製作総指揮。

Alcatraz
 1963年3月21日、収容中の凶悪犯たちは別の刑務所に移送され、アルカトラズ刑務所は閉鎖された… と言うことになっているが、実は閉鎖の前夜、囚人256名と看守46名は、忽然と姿を消したのだった…

 と始まるこのドラマ。#1では、現代の刑務所に、かつての囚人ジャック・シルヴェインが戻ってくる。当時と全く同じ容姿の彼は、憎しみを抱いていた相手を殺害。そして、別の人物も殺害。事件を担当した刑事レベッカは、容疑者を追跡中に相棒を亡くして以来、相棒を持たずに1人で捜査をしていた。彼女が事件を調べ始めるとすぐに、エマーソン・ハウザーなる謎の人物が現れ、今後は自分が調べると言う。だが、こっそり事件を調べ続けるレベッカは、アルカトラズについての謎に行き当たり、結局エマーソンらと協力して捜査をすることになる。

 エマーソン役にサム・ニール。レベッカ役にサラ・ジョーンズ。そしてレベッカに協力する、アルカトラズ研究の第一人者ディエゴ・ソト博士役にホルヘ・ガルシア(LOSTのハーリー)。エマーソンの側近ルーシー役にパーミンダ・ナーグラ(ERのニーラ)。レベッカの育ての親レイ役にロバート・フォスター。そしてジャック・シルヴェイン役にジェフリー・ピアース(チャーリー・ジェイドのチャーリー・ジェイド)。

 かなりミステリアスである。エマーソンは、アルカトラズの囚人が消えた当初、アルカトラズに足を踏み入れ、現場を目撃した人物である。それ以来、この事件を追っていると言うことらしい。そして、レベッカの育ての親レイは、アルカトラズの看守であったことも興味深い。祖父も看守だと聞いていたレベッカだったが、それはウソで、実は囚人であったこともわかる。そして、彼はジャック・シルヴェインやこの一連の事件の鍵を握っていると思われる。さらに面白いのは、この祖父、レベッカが相棒を亡くした際に追っていた男なのだ。

 ジャック・シルヴェインが、憎んでいた当時の刑務所副所長を殺害するのはわかる。だが、もう1人殺害した男については謎。なぜ1963年に消えたのか、今までどこにいたのか、なぜ姿が変わっていないのか。この辺りは「4400」にも通じるところがある。

 消失事件が1963年なのだが、現代と、1960年当時の囚人たちの様子が交互に描かれる。現代に現れ、事件を起こして再び捕らえられた囚人は、新しく作り直されたアルカトラズそっくりの刑務所に入れられる。囚人が増えてくれば、パズルのピースも増え、謎が少しずつ解けてくるのだろう。

 アメリカで今年1月から始まったばかりのドラマ。今のところ、シーズン1が13話。果たして、ブレイクするのか?
 

|

« [映] 水曜日のエミリア | トップページ | 塩麹でパン part2 »

コメント

takにっしーさん
そうなんだー、残念ですねぇ。最近はそういうパターン多いですねぇ、フラッシュフォワードといい、イベントといい… アメリカで放送されて人気だと終わるか終わらないかのうちに日本で放送するパターンが増えていて、早いのはいいけど、こういうことになるわけですね… 打ち切りだとわかってしまうと、急に萎えますね。

投稿: マイキー | 2012年5月21日 (月) 12:37

アルカトラズも、シーズン1(13話)で
打ち切りが決定したみたいですね。
海外ドラマは大好きなのですが、
最近話の途中で終わることが多いですね。
消化不良で困ります。
しかも打ち切りになっていることがわかっているのに、
日本で放送を始めたりと意味不明な気がします。
日本では、新鮮なストーリーのドラマでも
アメリカでは当たり前にあって
受けないのでしょうね。

投稿: takにっしー | 2012年5月21日 (月) 08:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/54670817

この記事へのトラックバック一覧です: [ド] アルカトラズ:

« [映] 水曜日のエミリア | トップページ | 塩麹でパン part2 »