« [映] ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える | トップページ | [映] リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!? »

2012年6月11日 (月)

[映] 赤ずきん

 この邦題、なかなかインパクトがあって好きだ。暗い映像の中でひときわ目立つ真っ赤な頭巾のポスターも素敵。赤ずきんちゃんのお話をモチーフにしているが、狼人間の話だ。

Red_riding_hood
 村で家族と共に質素な生活をしている少女ヴァレリー。幼なじみの木こりの少年ピーターと共に成長し、愛し合っていた。だが、親に鍛冶屋の息子ヘンリーとの婚約を決められてしまう。ピーターと共に村を出て駆け落ちしようと話し合っていた矢先、姉が狼に惨殺されてしまう。村には満月の夜に狼が出没するため、動物を生け贄として捧げて平和を保っていた。だが、その協定が破られたことで村人は怒り、狼狩りをすることに。大きな狼を殺したことで、安心した村人たちだったが、魔物ハンターとして招かれたソロモン神父は、衝撃の事実を伝える。その狼は、ただの狼ではなく、普段は普通の人間として暮らし、満月の夜にだけ狼に変身する人狼だと言う…

 ヴァレリー役にアマンダ・セイフライド(ヴェロニカ・マーズのリリー・ケイン)。ソロモン神父役にゲイリー・オールドマン。ヴァレリーの母役にヴァージニア・マドセン。父役にビリー・バーク(トゥワイライトシリーズでお馴染み)。祖母役にジュリー・クリスティー。ピーター役にシャイロ・フェルナンデス。ヘンリー役にマックス・アイアンズ。ヘンリーの父役にマイケル・シャンクス(スターゲイトSG1のダニエル・ジャクソン博士)。あと村人役でマイケル・ホーガン(バトルスター・ギャラクティカのソール・タイ)。神父?役なのか、ルーカス・ハース。ディカプリオが製作に加わっているらしい。

 誰が人狼なのかわからない。ヴァレリーは誰を信じて良いのかわからないのだ。襲ってきた巨大な狼は、ヴァレリーに話しかける。彼女だけ、この狼の言葉が理解できる。その目は茶色。かすかな麝香の香り。そして「一緒に村を出よう」と誘う。

 結末はどうってことないのだが、この推理の過程が楽しい。さらに、ちょっとソープオペラのような人間関係も面白い。人狼がいつ襲ってくるのかもわからず、スリリングだ。暗い映像の中で、ひときわ目立つ真っ赤な頭巾。村人の中で、ひときわ輝くような美しさのヴァレリー。この映像美もまたいい。

 ちょっとした推理を楽しめて、ソープの醍醐味もある、時代物ホラーだ。

|

« [映] ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える | トップページ | [映] リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] 赤ずきん:

» 赤ずきん (試写会) [風に吹かれて]
大人になった赤ずきん 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/redridinghood6月10日公開製作: アピアン・ウェイ(レオナルド・ディカプリオの製作会社)監督: [続きを読む]

受信: 2012年6月13日 (水) 11:36

« [映] ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える | トップページ | [映] リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!? »