« [映] スパイキッズ4:ワールドタイム・ミッション | トップページ | [ド] デクスター6 #12 »

2012年7月12日 (木)

[映] ヒューマン・ファクター

 1979年、イギリスの作品。二重スパイの物語だ。

Human_factor
 英国情報部に勤めるキャッスルは、妻に先立たれた後、アフリカ勤務時代に知り合った女性サラと再婚。その時サラはすでに身ごもっており、彼女の息子との3人暮らし。ある日、機密情報が東側に漏れていることが発覚。二重スパイがいることに気づく。キャッスルと相棒デイヴィスを怪しむが、独身で金遣いの荒いデイヴィスを二重スパイと断定、毒殺してしまう。だが、実はリークしていたのはキャッスルだった… 身の危険を感じたキャッスルは、妻を実家に預け、単身逃亡するが…

 キャッスル役にニコール・ウィリアムソン。相棒デイヴィス役にデレク・ジャコビー(ボルジア家のオルシーニらしい)。彼らの上司役にリチャード・アッテンボローとジョン・ギールグッド。妻サラ役にイマン。

 かなり古い作品だし、あまり期待していなかったが、はっきり言って面白くなかった。と言うか、おもしろさがわからなかった。二重スパイの物語ではあるが、今時のスパイものとは違って派手なシーンは皆無。情報をリークしていると言ってもどうやら大した情報ではないらしく、二重スパイと言ってもかなり地味。奥さんのためにやった??みたいな感じだったが、この主人公、どうも老け顔のようで(髪型のせい?)、あまり色気を感じないので、奥様とのシーンもあまりロマンティックに見えなかった。

 祖国を裏切った男が、最後に罰を受けるってな終わり方で、自業自得だねぇってなところか。特別同情もできないし、共感もしない。さほどスリリングな展開もないし、ロマンスもパッとせず、情報を流していた男が破滅するまでを淡々と描いた感じだ。WOWOWがなぜ今、これをわざわざ初放送したのか知りたい。

|

« [映] スパイキッズ4:ワールドタイム・ミッション | トップページ | [ド] デクスター6 #12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ヒューマン・ファクター:

« [映] スパイキッズ4:ワールドタイム・ミッション | トップページ | [ド] デクスター6 #12 »