« オムドリア!? | トップページ | 塩麹で「蒸し鶏」 »

2012年7月28日 (土)

[映] ジュリエットからの手紙

 心温まる系の作品。

Letters_to_juliet
 ニューヨーカー誌の調査員ソフィは、婚約者との結婚を控えて、ハネムーン代わりのイタリア旅行へ出かけることに。だが、婚約者ヴィクターは、レストラン開店を控え、イタリア料理の勉強で手一杯。一人で街を散策していたソフィは、「ロミオとジュリエット」の舞台となったジュリエットの家を見学に。そこには、恋に悩んだたくさんの女性たちが手紙を残していた。夕方、その手紙を回収する女性あり。あとをつけてみると、ボランティアの女性達が、手紙すべてに返事を書いていることを知り、仲間に入ることに。翌日、たまたま、壁の中に隠され、気づかれなかった50年前の手紙を発見したソフィは、その手紙に返事をかくことに。

 その手紙の主はイギリスの女性で、イタリアで知り合った男性と恋に落ち、プロポーズされたが、勇気がなくて逃げ帰ってしまったらしい。50年後、その男性を探しにやってくるのだが、そこに同行して手記を書くと言うお話だ。

 ソフィ役にアマンダ・セイフライド。50年前の手紙の女性クレア役にヴァネッサ・レッドグレーヴ。年を重ねても綺麗。でもさすがに65歳という設定には少々無理があるね。相手の男性ロレンツォ役にフランコ・ネロ。彼の方が若い。

 まぁ結局、お決まりの展開で、ロマンスが描かれているのだが、それでも、50年前の手紙がきっかけで知り合った人たちの心温まる物語だ。アマンダ・セイフライドがとにかく美しい。

|

« オムドリア!? | トップページ | 塩麹で「蒸し鶏」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ジュリエットからの手紙:

« オムドリア!? | トップページ | 塩麹で「蒸し鶏」 »