« [ド] パパはスパイ | トップページ | [映] ヒューマン・ファクター »

2012年7月11日 (水)

[映] スパイキッズ4:ワールドタイム・ミッション

 スパイキッズシリーズ、3で終わりだと思ったのに、4。なんだか段々安っぽくなっていくようで残念だなぁ。

Spykids4
 優秀なスパイとして臨月まで働くマリッサ。出産を機に退職し、家庭に入ったが、慣れない子育てと、懐かない夫の連れ子レベッカとセシルの世話でさえない毎日を送っていた。特にマリッサに反感を持ち何かと反抗してくるレベッカと、なんとか仲良くなろうと思い出のネックレスをプレゼントするマリッサ。だが、ある日、悪党タイムキーパーが世界の時間を盗み、地球存続の危機が訪れる。それを止めるには、ネックレスの宝石、クロノスサファイアが必要だった… タイムキーパーの手下がレベッカとセシルを襲うが、2人はCSS本部に逃げ込む。そこで、マリッサが実はスパイであること、かつてはスパイキッズ部門が存在し、従姉弟であるカルメンとジュニがスパイキッズであったことを知る…

 全く別のお話なのかなと思ったら、マリッサは、グレゴリオ・コルテス(バンデラスの役ね)の妹ということらしい。すっかり大人になったカルメンとジュニも登場(ジュニ役の子、別人かと思った!!)。

 マリッサ役にジェシカ・アルバ。夫ウィルバー役にジョエル・マクヘイル。CSSのボス役と、タイムキーパーの役でジェレミー・ピヴン(アントラージュのアリ)。カルメン役にアレクサ・ヴェガ。ジュニ役にダリル・サバラ。レベッカ役に、ローワン・ブランチャード。セシル役にメイソン・クック。双子とのことだが、全く似ても似つかないので、異母姉弟かと思った。あと、ロボット犬のアルゴの声は、リッキー・ジャーヴェイス("The Office"のデヴィッド)らしい。

 特撮もショボいし、ストーリーも子ども向けではあるが、物語のカギが「時間」だけに、「子どもとの時間は今しか楽しめない」と言う教訓がこの作品のテーマかな。今頑張って働いて、5年後にお金が出来たら子供達と一緒に過ごそうと計画しているウィルバーが、「5年後は子ども達はもう子どもじゃない、今一緒にいてやれ」と諭されるシーンが印象的。これ、仕事が忙しくて子どもの相手をしていないパパに見てもらいたいね。

|

« [ド] パパはスパイ | トップページ | [映] ヒューマン・ファクター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] スパイキッズ4:ワールドタイム・ミッション:

« [ド] パパはスパイ | トップページ | [映] ヒューマン・ファクター »