« [映] 狂気の行方 | トップページ | [映] ドライブ・アングリー »

2012年8月10日 (金)

[映] カンフー・パンダ2

 カンフー・パンダの続編。どうってことないお話ではあるが、カンフーのシーンがなかなか見応えあるのと、パロディやコミカルなシーンの連続で、なかなか楽しい。

Kunfupanda2
 ついに伝説の戦士となったパンダのポーだったが、相変わらずお気楽な毎日を過ごしていた。5人のマスターたちと共に、平和を守っていたが、ある日、世界征服を企むクジャクのシェンが現れる。シェンは、強力な大砲を開発、カンフーの技を吹き飛ばしてしまうと言う。シェンを止めるべく立ちあがったポーたちだったが、シェンとの対決で、ポーは失われた記憶を取り戻し始める。

 この悪役シェンって、ハリー・ポッターシリーズのヴォルデモートみたい。自分がやられると言う予言を聞き、自分を倒すであろう相手、白と黒の相手→パンダの村を襲撃。両親に守られてかろうじて生き延びたポーは、まさにハリーである。

 声の出演は、前作同様、ポー役にジャック・ブラック、タイガー役にアンジェリーナ・ジョリー、師匠のシーフー役にダスティン・ホフマン、モンキー役にジャッキー・チェン、カマキリのマンティス役にセス・ローガン、ヘビのヴァイパー役にルーシー・リュー、ツルのクレイン役にデヴィッド・クロス(ブルース一家は大暴走のトバイアス)。そしてシェン役にゲイリー・オールドマン。マスター・ウシ役にデニス・ヘイスバート(24の大統領ね)。マスター・ワニ役にジャン・クロード・ヴァン・ダム。マスター・サイ役にヴィクター・ガーバー(エイリアスのジャック・ブリストウなど)。

 ポーが養子だと気づき(普通気づくわな)、実の両親についての記憶が蘇る。真相を知り、自分には養父がいると気づく。最後に、実の父が生きていることがわかったので、続編もあるのかなー。

 今回は、ポーの仲間たちにあまり出番は多くなく、タイガーとの絡みは少々あるものの、ツルとかモンキーとか、ほとんど活躍しない。セリフも多くない。その辺が少々残念かなとは思うが、まぁまぁ楽しめた。家族で見てね。

|

« [映] 狂気の行方 | トップページ | [映] ドライブ・アングリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] カンフー・パンダ2:

« [映] 狂気の行方 | トップページ | [映] ドライブ・アングリー »