« [映] 少年マイロの火星冒険記 | トップページ | [映] ザ・ウォード/監禁病棟 »

2012年9月 1日 (土)

[映] ゴーストライター

 「ゴーストライダー」かと思って、見たじゃん、ニコラス・ケイジだよね? とよくよく見たら"Ghost Writer"、ライターの話だった(^o^;。

Ghost_writer
 元英国首相ラングの自叙伝を製作中に、担当者がフェリーから転落死。代わりに執筆を引き受けたゴーストライターは、ラングの住むアメリカ東海岸の孤島の別荘へ。秘密保持契約書にサインさせられ、資料は全て持ち出し禁止、そして、ラングが滞在する1ヶ月以内に仕上げると言う厳しい条件だった。ライターは執筆を始めるが、ラングがイスラム過激派のテロ容疑者に対する不当な拷問に関わったと言う疑惑が。さらに、彼の過去を調べるうち、重大な秘密があることに気づき…

 ラングの元側近で、自叙伝製作に関わっていた男が、謎の死を遂げるところから話は始まる。後任に選ばれたのは、政治にうといゴーストライター。彼自身も全く乗り気では無かったものの、なぜか気に入られて採用が決まる。しかも報酬は25万ドル。渋々イギリスから、アメリカの孤島へと渡る。

 草稿はあるのだが、別荘から持ち出し厳禁。別荘でラングにインタビューして面白い作品を作ろうと意気込むが、彼の話に矛盾点を見つけてしまう。調べを進めていくうちに、重大な秘密に気づき、そして命を狙われるように…

 ゴーストライター役にユアン・マクレガー。ラング役にピアース・ブロスナン。彼の妻役にオリビア・ウィリアムス(ドールハウスのデウィット)。ラングの秘書役にキム・キャトラル(SATCのサマンサ)。年齢的に言ったらキム・キャトラルの方が妻役に合いそうだが(^o^;、彼女の方が若く見えるから不思議。ライターの親友で弁護士役にジョン・バーンサル(ウォーキング・デッドのシェーン)。出版社のNY支部長役にジェームズ・ベルーシ。弁護士役にティモシー・ハットン。この物語のカギをにぎる男ポール・エメット役にトム・ウィルキンソン。そして、別荘の近所のおっちゃん役でイーライ・ウォラック。まだまだ元気そうだ。

 なかなかスリリングなのだが、少々長い。そして結末がなんとも情けない。前置きが長かった割には、あっけない結末で、スピード感に欠けるかなぁ。ちょっともったいない感じ。

|

« [映] 少年マイロの火星冒険記 | トップページ | [映] ザ・ウォード/監禁病棟 »

コメント

セレンディピティさん
そうでしたね、ポランスキー監督でした。あまりこの人の作品を見ていないことに気づきました。この監督については、少々複雑な思いがあります…

投稿: マイキー | 2012年9月 2日 (日) 12:06

こんにちは。
ポランスキー監督好きなので、少々点が甘くなってしまうかもしれまんが
おしゃれなミステリーといった感じで私は楽しめました。
陰鬱な孤島が作品のイメージにぴったりでしたね。

投稿: セレンディピティ | 2012年9月 2日 (日) 11:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ゴーストライター:

» 「ゴーストライター」 [セレンディピティ ダイアリー]
ロマン・ポランスキー監督、ユアン・マクレガー主演の映画、「ゴーストライター」(原 [続きを読む]

受信: 2012年9月 2日 (日) 11:44

» ゴーストライター [風に吹かれて]
秘密は冒頭に公式サイト http://www.ghost-writer.jp同名小説(ロバート・ハリス著)の映画化監督: ロマン・ポランスキー  「チャイナタウン」 「戦場のピアニスト」元英国首相アダ [続きを読む]

受信: 2012年9月 4日 (火) 12:04

« [映] 少年マイロの火星冒険記 | トップページ | [映] ザ・ウォード/監禁病棟 »