« [映] Something Borrowed/幸せのジンクス | トップページ | [映] キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー »

2012年9月 9日 (日)

[映] デンジャラス・ラン

 邦題は「デンジャラス・ラン」で、「逃走」にポイントを置いているように思えるが、原題は"Safe House"。CIAなどが重要証人などをかくまう安全な場所のことであり、邦題とは対称的。どちらも内容に合っているように思えるが、安全なはずの場所が安全ではなくなっていると言う主旨の作品なので、やはり原題を活かすべきだったかも。

Safe_house
 CIA職員だが、南アフリカでセーフハウスの管理と言う閑職に就いている新米のマット。その日も、来るか来ないかわからない”お客”のために、番をしていた。
 その頃、元CIAエージェントでありながら、敵に機密情報を流し、指名手配されている犯罪者トビン・フロストは、元MI6の知人から機密ファイルを受け取る。それを金に換えようともくろんでいたが、何者かによって命を狙われたため、アメリカ領事館に逃げ込む。すぐに身柄を拘束され、マットの管理するセーフハウスへ。だがその直後、何者かに襲撃され、部隊は壊滅状態に。やむなく、フロストを連れて脱出するマットだったが…

 昇進を望むマットは、ある日突然、騒動に巻き込まれるのだが、CIAのやり方など、汚い側面をトビンから教わるハメになる。最初っから全てを説明し、マットに協力を求めるやり方もあったんじゃないかと思うが、相手の心理を読むのが得意というだけあって、トビンのやり方はなかなかうまい。あえて説明せず、自分で考えさせ、納得させる。トビンの言うことが正しいと、次第に察するマット。純真な新米職員が、闇の部分を見せつけられて大人になる。

 トビン・フロスト役にデンゼル・ワシントン。マット役にライアン・レイノルズ。CIA幹部のリンクレイター役にヴェラ・ファーミガ。マットの上官役にブレンダン・グリーソン(ハリー・ポッターシリーズのマッドアイでお馴染み)。CIA長官?役にサム・シェパード。トビンを最初にセーフハウスに連行してきたCIA役にロバート・パトリック。別のセーフハウスの番人役でジョエル・キナマン(ザ・キリングのホールダー刑事)。CIAのアナリストの1人役でトレイシー・トムズ(コールドケースのキャット)。

 ストーリーは、それほど新鮮みはない。CIAやMI6の汚職を暴く機密ファイルを持っているトビンが狙われ、逃げて闘う話だ。だが、トビンがある意味、師匠として、新米マットにCIAの裏事情を指南する場面はなかなか興味深い。初めは信じられずに戸惑うマットだが、次第に真相に気づき、最後はトビンの言う通りに動く。逃走劇や、銃撃戦なども迫力ある。いつも余裕の表情を見せるデンゼル・ワシントンが格好いい。

|

« [映] Something Borrowed/幸せのジンクス | トップページ | [映] キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー »

コメント

セレンディピティさん
デンゼルの存在感は大きいですね、私も大好きです。チョイワルも似合ってますね(^o^)。

投稿: マイキー | 2012年10月 1日 (月) 14:10

デンジャラス・ラン、タイミングがなかなか合わなかったのですが
ようやく見ることができました。
目新しい設定ではないですが、おもしろかったですね。
やはりデンゼルの存在感でしょうか。
私はとっても楽しめました。

投稿: セレンディピティ | 2012年9月30日 (日) 15:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] デンジャラス・ラン:

» デンジャラス・ラン (試写会) [風に吹かれて]
工作員の悲哀公式サイト http://d-run.jp9月7日公開製作総指揮: デンゼル・ワシントン南アフリカのケープタウン。その地の隠れ家の管理を任されているマット・ウェストン(ライアン・レイノルズ... [続きを読む]

受信: 2012年9月 9日 (日) 20:23

» デンジャラス・ラン [ここなつ映画レビュー]
原題は「SAFE HOUSE」。個人的にはこの原題の方がずっとずっと良かったと思う。つまり、CIAが秘密裏に行う行動の裏には、必ず、証人や、極悪人や、社会的異常者や隠遁者を隠す必要のある事件が発生しているのが常であり、そういう事件の登場人物を隠すために特別な「HOUSE」が、絶対に秘密が漏れず、安全性を保障される「SAFE HOUSE」が、必要なのである。そして、この物語は、そこで働く一人の若者が、隠遁者として連れて来られた稀代の天才的犯罪者と交わることにより、生死と背中合わせで生きる非情の日々... [続きを読む]

受信: 2012年9月10日 (月) 12:26

» [映画『デンジャラス・ラン』を観た(寸評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・元CIAの敏腕凄腕諜報員であったが、国家機密を敵国に売りさばく世界的な犯罪者となった男が、  南アフリカはケープタウンの米領事館に保護を求めて現われる。  男は、その心理学的な見地による話術でどんな相手も懐柔・篭絡し、また、暗殺の腕も超一流・・...... [続きを読む]

受信: 2012年9月12日 (水) 23:03

» デンジャラス・ラン ストーリーに破綻がないのだ! [労組書記長社労士のブログ]
【=37 -5-】 関東への赴任、その準備に追いまくられ、仕事の引き継ぎに余念なく、嬉しいことにいろんな方面で歓送会をして下さり、波乗りもいつも通りしっかり楽しみ、と、むちゃくちゃ充実していて、目が回るほど忙しい日々を過ごしていても、デンゼル・ワシントンが出...... [続きを読む]

受信: 2012年9月18日 (火) 13:01

» 映画「デンジャラス・ラン」まさに手に汗握る展開、面白い! [soramove]
「デンジャラス・ラン」★★★★ デンゼル・ワシントン、ライアン・レイノルズ、ベラ・ファーミガ出演 ダニエル・エスピノーサ監督、 115分、2012年9月7日(公開) 東宝東和 (原題/原作:SAFE HOUSE) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「忘れた頃にちゃんとやってくるデンゼル・ワシントン 今回は主演男優賞を獲った『トレ... [続きを読む]

受信: 2012年9月29日 (土) 12:06

» 「デンジャラス・ラン」 [セレンディピティ ダイアリー]
デンゼル・ワシントン主演のサスペンス・アクション、「デンジャラス・ラン」(Saf [続きを読む]

受信: 2012年9月30日 (日) 15:20

» デンジャラス・ラン : しびれるほどのかっこよさ その2 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 昨日は、「踊る」とどちらを観るか悩みましたが、こちらを選んで大正解。では、レビュー始めます。 【題名】 デンジャラス・ラン 【製作年】 2012年 【製作国】 アメリカ [続きを読む]

受信: 2012年10月14日 (日) 19:36

» 映画:デンジャラス・ラン [よしなしごと]
 久々の映画記事です。どうしようか迷っていたのですが映画の日で1,000円だったのでデンジャラス・ランを見てきました。今年70作品めです! [続きを読む]

受信: 2012年11月29日 (木) 00:56

« [映] Something Borrowed/幸せのジンクス | トップページ | [映] キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー »