« [映] シャロウ・グレイブ | トップページ | [映] ミスター・アーサー »

2012年10月22日 (月)

そば笑

 以前、テレビで紹介されていたのを見て、気になっていたお店へ行ってみた。「そば笑(しょう)」と言うお蕎麦屋さんだ。

 少々わかりにくい場所にあるのだが、自転車で事前チェックをしていたので無事たどり着く。目印は「笑」と言う文字の看板。

121021_130423
 まず店内に入って驚いたのは、その造り。さほど大きくはない店内に、ドデーンと大テーブルが。我らが入った瞬間、大テーブルのお客さんが一斉にこちらを見た(気がした)ので、「もしかして貸し切り?」と動揺したが、そういう造りらしい。このテーブルに12人、カウンターに4人、そして2人用の小さなテーブルが1つあった。

 メニュー自体はそれほど多くなく、私はいつも食べる「天おろし」を、夫は「せいろ」を大盛りで、プラス野菜天盛りを頼む。

121021_124553
 天おろしって、だいたいどこも乗っている物にそれほど違いがないので、はずれが無いだろうという読みだったのだが、ここの天おろしは少々変わっている。赤いのはトマトジュースのゼリー、そして、エビ天の左にある茶色いのが自家製の鰹ふりかけとのこと。ちゃんと説明してくれる。

 正直、このトマトゼリーと鰹ふりかけが、天おろしに合うのかどうかは微妙な気がしたが、彩りは綺麗だ。胡麻はなかなかイケた。夫によると、野菜天はとても美味しかったらしい。

121021_124529
121021_124515
 肝心のお蕎麦だが、これは本当に本当にとっても美味しかった。細めなのだが、しっかり腰があり、それでいて固すぎず、ツルツルピカピカ、透明感のある、とっても上品なお蕎麦。天おろしのかけつゆは、少々味薄めな気がしたが、それだけに、そば湯を入れて最後まで飲み干せる。

121021_125910
 このそば湯も、蕎麦のゆで汁ではなく、そば粉を溶いたものとのこと。どろっとした濃いめのそば湯で、しっかりいただいた。

121021_122612
121021_130152
 器もとっても素敵だし、店内の造りはまるで喫茶店のよう。店内に流れる音楽は、なぜか50~60年代の洋楽ポップスや映画のサントラ。たまたまなのか、ご主人の趣味なのか??

 HPを見るとデザートもあるらしい。また、完全予約制と言う夜のコースも気になる。次は友達と行ってみよう。

|

« [映] シャロウ・グレイブ | トップページ | [映] ミスター・アーサー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/55946039

この記事へのトラックバック一覧です: そば笑:

« [映] シャロウ・グレイブ | トップページ | [映] ミスター・アーサー »