« [映] アリス・クリードの失踪 | トップページ | [映] マージン・コール »

2012年10月 6日 (土)

[映] ランナウェイズ

 実は予備知識ゼロで見た。クリステン・スチュワートの役、なんかジョーン・ジェットに似てるなぁと思ったら、そうだった(^o^;。70年代、まだ10代のジョーン・ジェットがデビューするきっかけになったバンド、ランナウェイズを描いた作品だ。

Runawaysm
 1975年、LA。ギター好きの少女ジョーンは、エレキギターを習おうとするが、女の子にエレキは教えないと門前払い。独学でギターを学ぶ。そんなある日、クラブで敏腕プロデューサー、フォーリーを見かけたジョーンは、自分を売り込むことに成功。フォーリーは、ハードロックのガールズバンドを企画。クラブでセクシーなブロンド美少女シェリーをスカウトし、「ザ・ランナウェイズ」を結成。下積みツアーで実力を付け、ついに日本でのコンサートにこぎ着ける。だが、酒やドラッグによって体調を崩すシェリー。さらに、シェリーばかりが雑誌に取り上げられたことから、仲間割れしてしまい…

 私は、80年代のジョーン・ジェットしか知らないのだが、とにかく格好良かった。細身の体に革ジャン、ギターをガンガン弾いてハードロックを演奏する女性。男に媚びない感じも良かったし、曲も演奏も格好良かった。

 そんな彼女が、70年代、若干15歳の頃に結成したのがこのランナウェイズらしい。知らなかった(^o^;。で、実際のランナウェイズはこんな感じらしい。

Runaways
 確かに、感じは似ている。YOUTUBEの映像なんかで見ると、映画版の彼らもなかなか良い線行っていると思う。演奏はどうか知らないが、歌は彼らが本当に歌っているようだ。

 ジョーン・ジェット役にクリステン・スチュワート。シェリー役にダコタ・ファニング。バンドメンバーの役でアリア・ショウカット(「ブルース一家は大暴走」のメイビー)。フォーリー役にマイケル・シャノン。シェリーのママ役でテイタム・オニール。久しぶりに見た。

 映像で見る限りだと、シェリーの雰囲気はダコタ・ファニングよりもう少しキレのある感じが良かったのかなぁとも思う。ダコタは少々柔らかい感じなのだが、実物はもっとシャープな感じだ。

 ガールズバンドは難しいね。女が集まると何かと大変だ。特に若い時は、いろいろもめるもので、長く続かなかったのも無理はないと思う。酒やドラッグにおぼれるのもありがち、そういうのがバンドのイヤな部分でもある。

 ジョーン・ジェットは今でもミュージシャンとして活動しているが、シェリーは、その後全く違う道へ進んだらしい。確かに、向いていない人もいるだろう。若い頃の貴重な体験ってとこかな。

|

« [映] アリス・クリードの失踪 | トップページ | [映] マージン・コール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ランナウェイズ:

» ランナウェイズ : ロックンロールムービー♪ [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 今日の広島は日差しがきつい位でした。春が少しずつ近づいているみたいですね。  ちなみに、今日から作品毎の皆さんの評価をアンケートで集計する機能を付けました。皆さんの [続きを読む]

受信: 2012年10月16日 (火) 16:44

« [映] アリス・クリードの失踪 | トップページ | [映] マージン・コール »