« [映] モンスター上司 | トップページ | [映] ランナウェイズ »

2012年10月 5日 (金)

[映] アリス・クリードの失踪

 登場人物3人、舞台も、ほぼ密室なのだが、なかなか面白い。イギリスの作品。

Dissappearance_of_alice_creed
 黙々と準備をするヴィックとダニー。首尾良く女性を拉致した2人は、準備した部屋に彼女を監禁。全裸にしてその日の新聞と共に写真を撮影し、父親に送りつける。女性はアリス、富豪の令嬢。身代金目的の誘拐。さらに、アリスが父親に金を払って欲しいと懇願するビデオを撮影し、父親に金を要求。恐怖に震えるアリス。だが、ダニーが1人で見張りをしている時、スキを見て彼の銃を奪うアリス。だが、ダニーはあることを打ち明ける…

 冒頭シーンでは、全くセリフもなく、黙々と準備をする男2人。何をしているのかと見ていると、どうやら誘拐の準備をしているらしいことがわかる。そして女性を拉致。準備した部屋に連れ込み、全裸にしてベッドに手足を縛り付ける。猿ぐつわ、頭に袋をかぶせられているので、何も見えず、ただ恐怖におびえるアリス。

 次第に様子がわかってくる。アリスはどうやら富豪の娘らしいのだが、その身なりや、態度からして、親に勘当されている身らしい。それでも、金を払わなければ殺されるからと、親に要求を飲むよう懇願するアリス。ここまでは普通の誘拐事件だ。

 だが、逃げようと銃を奪ったアリスは、ダニーに銃を向ける。ここから、展開が全く読めなくなる。予測不能のストーリーがスリリングだ。

 

ダニー役にマーティン・コムストン。ヴィック役にエディ・マーサン(刑事トム・ソーンのソーンの上司)。アリス役にジェマ・アータートン。登場人物はこの3人のみ。

 ほんの数分、外のシーンがあるが、あとはほぼ密室での心理戦。イメージとしては、「レザボア・ドッグス」を、もうちょっと素人っぽくした感じかなぁ。途中で何度も「え~??」、「マジ~!?」、「なんで~??」、「こいつバカ~!!」と言った気がする。想像していたより面白かったので、ちょっとうれしい。

|

« [映] モンスター上司 | トップページ | [映] ランナウェイズ »

コメント

セレンディピティさん
低予算ムービーながら、なかなか面白い作品でしたよね。こういうの見ると、すごく得した気分になります(^o^)。

レザボア・ドッグスは、これよりもさらにストーリーが凝っています。是非一度見てみてください。

投稿: マイキー | 2012年10月 8日 (月) 11:37

こんにちは。
この映画、偶然ビデオ屋さんで見つけて借りたのですが
意外な掘り出し物でおもしろかったです。
映画が終わってから、はじめて登場人物がたったの
3人しかいなかったことに気づきました。^^

レザボア・ドッグスもこういう感じの作品なんですか?
バイオレンスが激しそう…と思って、なかなか見る勇気が
なかったのですが、見てみたくなりました。

投稿: セレンディピティ | 2012年10月 5日 (金) 14:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] アリス・クリードの失踪:

» 「アリス・クリードの失踪」 [セレンディピティ ダイアリー]
DVDで、クライム・サスペンス映画の「アリス・クリードの失踪」(The Disa [続きを読む]

受信: 2012年10月 5日 (金) 14:43

« [映] モンスター上司 | トップページ | [映] ランナウェイズ »