« [映] 人生の特等席 | トップページ | [映] 最高の人生をあなたと »

2012年11月24日 (土)

[映] ウソツキは結婚のはじまり

 ちょっとしたウソが、ウソを呼んで、どんどん大きなウソになってしまい… と言うラブコメ。69年の「サボテンの花」のリメイク。

Just_go_with_it
 1988年。結婚式当日に、婚約者が自分を愛していないことを知ってしまったダニーは、結婚をやめてしまう。その後、美容整形外科医となったダニーは、不幸な既婚者がモテることを悟り、結婚指輪をつけたままナンパをするように。ある日、23歳の魅力的な女性パーマーと知り合い、一夜を共にする。だが、既婚者であると思い込んだパーマーは激怒。離婚寸前だと説明するダニーだったが、奥さんに会わせて欲しいと言い出したため…

 なかなか面白かったのだが、なぜ結婚してもいないのに(つまり、パーマーとつき合うことに何の問題もないのに)、既婚者のフリをするのか、全くわからなかった。結婚生活が破綻している男性って、そんなに魅力的なの!?

 ダニー役にアダム・サンドラー。彼の助手キャサリン役にジェニファー・アニストン。キャサリンの旧友デヴリン役にニコール・キッドマン。パーマー役にブルックリン・デッカー。

 「サボテンの花」のリメイクと言われて、なるほどそうかと思ったが、印象は大分違う。ゴールディー・ホーンの存在感が素晴らしかったが、こちらで言うとパーマーの存在感はそれほどでもない。

 ありがちなラブコメではあるのだが、なかなか楽しかった。子役のマセぶりもすごいし、ニコール・キッドマンの怪演も楽しい。ハワイの風景も素敵だし、スティングの曲もたくさん使われていた。20代美女のナイスバディにも全く引けを取らない40代のジェニファー・アニストンのビキニも素晴らしい。

|

« [映] 人生の特等席 | トップページ | [映] 最高の人生をあなたと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ウソツキは結婚のはじまり:

« [映] 人生の特等席 | トップページ | [映] 最高の人生をあなたと »