« [映] ウソツキは結婚のはじまり | トップページ | [映] ピザボーイ 史上最凶のご注文 »

2012年11月25日 (日)

[映] 最高の人生をあなたと

 老いを感じ始めた夫婦の物語。フランス、ベルギー、イギリスの作品だ。

Late_bloomers
 ロンドン。著名な建築家アダムと、元教師の妻メアリー。30年の結婚生活で、3人の子どもと孫にも恵まれ、幸せに暮らしてきた2人。60歳を目前にしたメアリーは、ある日、昨晩の記憶が一部抜けていることに気づく。老いを感じ、不安に襲われるメアリー。一方、建築家としての名声を得たものの、若手の台頭により、過去の存在になりつつあると感じるアダムは、若手建築士のプロジェクトに協力することで、存在意義を見いだそうとするが…

 30年の結婚生活で、おそらくはいろいろな事があったのだろうと思う。子育てや仕事で、毎日忙しく、そして楽しい日々だったに違いない。だが子どもも巣立ち、孫にも恵まれ、気づいてみれば60歳が目前に迫っていたメアリー。昨日の記憶が一部抜け落ちていることに気づいて、愕然とする。すぐに病院で検査をするが、どうやら認知症ではないらしい。とりあえずホッとするが、医者から運動を勧められて水泳に行ってみれば、講師は若い兄ちゃんで、周りも自分よりずっと若い女性ばかり。すっかり浮いてしまう。

 プールの後、喫茶コーナーで、男性達の視線が若い女性のお尻に釘付けになっていることに気づくメアリー。自分も、胸元を開けてみたりするが、誰にも気づかれず。若い頃は誰からも振り向かれていたであろう容姿のメアリーとしては、これまた歳を感じた瞬間だろう。そんな時、彼女の美しさに気づく男性有り。

 アダムも、歳を実感している。若手スタッフは、新規プロジェクトに挑戦すべく目を輝かせている。だが、自分に回ってくるのは老人ホームの設計。モチベーションが上がらないのもわかる気がする。そんなとき、若手のプロジェクトにこっそり手を貸すことになり、スタッフの1人と親密なカンケイになる。

 メアリー役にイザベラ・ロッセリーニ。今年ちょうど還暦なので、メアリーは実年齢とほぼ同じだね。相変わらず美しい。アダム役にウィリアム・ハート。

 熟年カップルの危機。どうしていいのかわからず、とりあえず夫婦で話し合わせると言う作戦に出た子供達。2人それぞれに老いを感じ、動揺し、落ち込み、夫婦仲がちょっと不和になるけれど、それぞれ少々おイタして、話し合い、落ち着く。これからも仲良くね。

|

« [映] ウソツキは結婚のはじまり | トップページ | [映] ピザボーイ 史上最凶のご注文 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] 最高の人生をあなたと:

« [映] ウソツキは結婚のはじまり | トップページ | [映] ピザボーイ 史上最凶のご注文 »