« [映] 96時間/リベンジ | トップページ | [映] ヤング≒アダルト »

2013年1月15日 (火)

[映] ハンナ

 シアーシャ・ローナン、綺麗になったなー、すっかり大人になった彼女が、殺人マシンとして育て上げられた少女を熱演。

Hanna
 フィンランドの雪深い山奥で暮らす父娘。父エリックは、娘ハンナに、格闘テクニックを叩き込む。一般常識は辞書の知識のみ、徹底的に殺しの技術だけを教え込む。美しく成長したハンナは、感情を持たぬまま16歳に。ついに彼女の戦闘能力も父を超え、準備できたと感じたハンナは、外の世界に旅立つことを宣言。そしてスイッチを押す… たちまちやってきた武装隊員たちに捕らえられるハンナだったが…

 前半は、この親子に何があったのか、彼らは何者なのか、目的は何なのか、全くわからない。ただ分かるのは、ハンナの人並み外れた戦闘能力と、外界から全く遮断された中で暮らしていたこと。

 捉えられたハンナは検査され、質問されるが、すぐに厳重な警備の施設を脱出。先に旅立っていた父との待ち合わせ場所へと向かう。だが。彼らが暮らしていたのはフィンランド。連れて行かれた先は、どうやらモロッコ。そして、二人の待ち合わせ場所はベルリンって、とにかくスケールがでかい。

 施設を脱出したハンナは、砂漠の真ん中に出現。それがモロッコであることを突き止め、観光に来ていた一家(?)にヒッチハイクする形でドイツへと向かう。だが、彼らを執拗に追う女あり。そしてどうやら、それは、かつてハンナの母親を殺した人物らしく…

 ハンナ役にシアーシャ・ローナン。エリック役にエリック・バナ。彼らを追う女マリッサ役にケイト・ブランシェット。ヒッチハイクさせてくれた一家の母役にオリヴィア・ウィリアムス(ドールハウスのデウィット)。

 エリックは妻を殺したマリッサに復讐をしようとして、娘を鍛えたのかと思ったが、全く違った。彼らの目的がわかるまでに、だいぶ時間がかかる。その過程が面白い。隔絶された生活を送っていたハンナが、「世間」を知って動揺し、感動し、共感するシーンは興味深い。ハンナの今後が気になる。

|

« [映] 96時間/リベンジ | トップページ | [映] ヤング≒アダルト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ハンナ:

« [映] 96時間/リベンジ | トップページ | [映] ヤング≒アダルト »