« [ド] シャドウライン | トップページ | [映] チョイス! »

2013年2月 1日 (金)

[映] ポルノ✩スターへの道

 うーん、見たことを後悔する映画って、まさにこういうののことを言うんだろうな。タイトル見ただけなら絶対に見なかったと思うのだが、クリスティナ・リッチ、ドン・ジョンソン、そしてスティーブン・ドーフが出演しているのだ、きっと何かがあると信じて見たのだが… 何もなかった。

Bucky_larson
 平和な田舎町にのんびりと暮らす青年バッキーは純真無垢。だがスーパーでの仕事をクビになってしまう。たまたま友だちのポルノ鑑賞会に無邪気に参加したところ、そこに映っているのが、自分の両親だと知る。両親に聞くと、彼らはかつて売れっ子のポルノスターだったという。仕事をクビになったのは神の啓示であり、自分はポルノスターになるべき人間だと信じ込む。両親にも後押しされ、ポルノスターになるべく、単身ハリウッドへ。たまたま出会った、かつての売れっ子監督マイルズの映画に出演することになるが…

 ポルノということで、とにかく下品なシーンが多い。だが、バッキーは純真無垢というよりは、少々オツムがトロい感じであり、エロティックという意識は全くない。そのミスマッチ感が見どころ?????

 唯一笑えたのは、アカデミー賞とかエミー賞のパロとも言える、ポルノ映画賞の授賞式。アホらしい名前のついた賞がいろいろあって苦笑い。こういうのは、男の人が仲間内でジョークのネタにする程度ならわかるけど、映画にするもんじゃないよ。

 バッキー役にニック・スウォードソン。彼に好意を持つウェートレス、キャシー役にクリスティナ・リッチ。怪しげな映画監督マイルズ役にドン・ジョンソン。バッキーをライバル視するポルノ俳優ディック・シャドウ(名前からしてふざけてる)役にスティーブン・ドーフ。バッキーの父役にエドワード・ハーマン。

 製作、脚本がアダム・サンドラーらしい。彼の奥さんジャッキー・サンドラーもチョイ役で出演。ラジー賞にも6部門ノミネートされたらしい。受賞しなかったのが不思議。と思ったら、なるほど、「ジャック&ジル」が取ったのね… やっぱりアダム・サンドラー(^o^;。

|

« [ド] シャドウライン | トップページ | [映] チョイス! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ポルノ✩スターへの道:

« [ド] シャドウライン | トップページ | [映] チョイス! »