« [映] ペイド・バック | トップページ | [映] クイーン »

2013年2月18日 (月)

[映] 人生はビギナーズ

 父親がある日突然ゲイだとカミングアウトしたら、息子はどんな気持ちになるのだろう。マイク・ミルズ監督が、自らの体験を元に脚本を書いた作品らしい。

Beginners
 38歳独身のアーティディレクター、オリヴァー。父ハルが亡くなり、その家を片付けながら、父との思い出を振り返る。母が亡くなった後、癌であることがわかったハルは、同性愛者であることをカミングアウト。若々しいファッションに身を包み、病をふっきるかのようにパーティ三昧。若い恋人もできる。そしてオリヴァーは、パーティで知り合ったアナとつき合うようになるが…

 オリヴァーが、父の死から立ち直る話だと思うのだが、この父親、普通の父ではないようだ。年老いてからカミングアウトしたらしい。そういうことってよくあるのだろうか。

 そう言えば、あまり一緒に過ごさない両親だったと振り返るオリヴァー。いつも母と一緒に過ごした彼は、複雑な思いで当時を思い出す。

 父の闘病生活もちょっと複雑。若い恋人と病室でいちゃつくのを目の当たりにして、どうにも気まずい思いをする。そりゃそうだろう。

 オリヴァー役にユアン・マクレガー。父ハル役にクリストファー・プラマー。その恋人役にゴラン・ヴィシュニック(ERのコバッチュ)。アナ役にメラニー・ロラン。母役にメアリー・ペイジ・ケラー。

 個人的にはあまり面白い作品ではなかったのだが、ハルの飼い犬の演技がとても良かった。まるで、人の言っていることが全てわかっているかのような表情が、とても愛らしい。ビギナーズと言うのは、ゲイの初心者ってことなのか。ゲイの家族を持つ初心者ということなのか。

|

« [映] ペイド・バック | トップページ | [映] クイーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] 人生はビギナーズ:

« [映] ペイド・バック | トップページ | [映] クイーン »