« [映] ヴァルハラ・ライジング | トップページ | [映] ガス! »

2013年4月15日 (月)

[映] 一枚のめぐり逢い

 戦場での経験から心を病んだ青年が、一枚の写真から出逢った女性と愛し合うようになると言う、心温まる作品。邦題もなかなか良いとは思うが、これだと展開から結末まで見えてしまう。それを考えると、やっぱり原題"The Lucky One"と言うのはなかなかうまいと思う。

The_lucky_one
 海兵隊員ローガンは、仲間を次々と失う中、写真を拾ったことで偶然にも命拾いをする。その後も、何度も死の危機を切り抜けて帰国。だが、実家に自分の居場所はないと感じた彼は、愛犬を連れ、写真の女性を探す旅に出る。
 数ヶ月後、ルイジアナでついに写真の女性ベスを見つけたローガン。彼女の経営する犬舎を訪れた彼は、事情を説明できないまま、そこで働くことになり…

 ローガンが旅に出た辺りから、結末まで見てはいたのだが、それでも心温まる展開にほっこりできる作品だ。

 ローガン役にザック・エフロン。ベス役にテイラー・シリング。ベスの祖母役にブライス・ダナー。ベスの息子ベン役にライリー・トーマス・スチュワート。ベスの元夫役にジェイ・R・ファーガソン。

 まずザック・エフロンありきの作品なので、彼に都合良く物語は展開する。寡黙でマッチョなイケメンくんである。犬をお供にコロラドからルイジアナまで歩いてやってきたらしい。それだけでもう格好いい。そこでついに写真の女性を見つけたローガンは、さっさと写真を見せて事情を説明すればいいのだが、なんだか言いそびれてしまう。あれよあれよと言う間にそこで働くことになってしまい、ベスと恋に落ちる。だが、ベスに未練タラタラの元夫がつきまとい、ローガンがベスを探してやってきたと言うこともバレて一悶着あり… と言う、ありがちな展開だ。

 それでも、見ていてほっこりできるのは、ルイジアナの美しい風景と、子供や犬たちとのゆったりとした、幸せな時間が描かれているからか。共につらい体験をした2人が、写真をきっかけに出逢い、障害を乗り越えて愛し合う。できすぎた感はあるが、楽しめた。

|

« [映] ヴァルハラ・ライジング | トップページ | [映] ガス! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/57169565

この記事へのトラックバック一覧です: [映] 一枚のめぐり逢い:

» 一枚のめぐり逢い [風に吹かれて]
ザックを堪能 [E:heart04]公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/theluckyone原作: 一枚のめぐり逢い (ニコラス・スパークス著/ソフトバンク文庫)監 [続きを読む]

受信: 2013年4月16日 (火) 10:18

« [映] ヴァルハラ・ライジング | トップページ | [映] ガス! »