« [ド] New Normal おにゅ~な家族のカタチ | トップページ | おかたづけ・後日談 ~遺伝子~ »

2013年4月22日 (月)

[ド] パーセプション ~天才教授の推理ノート~

 大学教授が犯罪捜査に協力すると言う物語。AXNミステリーでシーズン1の全10話を一挙放送。

Perception
 神経科学の博士ダニエル・ピアースは、大学教授。ある日、教え子でFBI捜査官のケイト・モレッティが協力を求めにやってくる。大手製薬会社の顧問弁護士が殺害された。妻が逮捕され、自供しているのだが、疑問を持ったケイトがダニエルに意見を聞きに来たのだった。妻に事情聴取をしたダニエルは、彼女が犯人ではないことをすぐに見抜くが…

 前半は、メンタリストのような、NUMBERSのような感じで、大学教授が犯罪捜査に協力すると言う話で、月並みだなぁと思って見ていたのだが、このダニエル、ただの天才ではない。彼自身が統合失調症に悩まされているのだ。

 神経科学の権威であるダニエルが、その方面に詳しいのは当然なのだが、彼の見る幻覚が犯罪捜査の鍵となっている。実際にはいない人物が、彼の所にヒントを教えにやってくるのだ。つまりは彼自身の思考ということになるのだろうが、彼にしてみれば(視聴者にしてみても)それが実在の人物なのか、幻覚なのか、全く区別がつかない。アシスタントとして雇っている住み込みの学生ルウィッキには見えていない=幻覚だと気づく。

 ダニエル役にエリック・マコーマック。「ウィル&グレイス」のウィルである。ケイト役にレイチェル・リー・クック。ダニエルの親しい友人(かつての恋人なのか??)ナタリー役でケリー・ローワン(OCのキルスティン・コーエン)。ルウィッキ役にアージェイ・スミス。学長役でレヴァー・バートン(新スタートレックのジョーディ・ラフォージ)。大学教授の1人役でジェイミー・バンバー(バトルスター・ギャラクティカのリー・アダマ)。

 ケイトがダニエルに捜査協力を依頼するのだが、私生活の管理をルウィッキに頼っているダニエル。捜査や私生活に関して、常に傍らにいるナタリーに相談しているのだが、彼女も幻覚とわかる。果たして彼女は何者なのか。実在する人物なのか。

 去年から始まったシリーズで、シーズン1は全10話。今年シーズン2を放送する予定らしい。頭脳は明晰だが、1人の人間としてはかなり危うい感じのダニエル。彼の心に平穏は訪れるのだろうか。


|

« [ド] New Normal おにゅ~な家族のカタチ | トップページ | おかたづけ・後日談 ~遺伝子~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/57225011

この記事へのトラックバック一覧です: [ド] パーセプション ~天才教授の推理ノート~:

« [ド] New Normal おにゅ~な家族のカタチ | トップページ | おかたづけ・後日談 ~遺伝子~ »