« [映] テイク・シェルター | トップページ | [映] フェイシズ »

2013年5月11日 (土)

[映] バッドトリップ! 消えたNO.1セールスマンと史上最悪の代理出張

 同名の作品があったなぁと思う。確か、敬虔なユダヤ人がドラッグの運び屋をやるという、実話に基づいたお話(バッド・トリップ参照)だったと思う。こちらは全く違って、保険のセールスマンが出張でハメをはずすというお話。長ったらしい副題がなんともサエないが、原題は"Cedar Rapids"。出張の行き先らしい。

 

Cedar_rapids

 

 


 田舎町で保険のセールスマンとして働く真面目な男ティム。同僚でNo.1セールスマンだったロジャーが急死。彼は、コンベンションへ参加する予定だったことから、ティムが急遽代わりに行くことになる。だが、ロジャーは2年連続で最優秀賞を受賞しており、3回目の受賞を期待されていた人物。その代理とあって、緊張するティムだったが…

 ティムの人物設定が面白い。田舎の純朴な独身男である。町から一歩も出たことがないらしく、初の出張、しかも初の飛行機ということで、舞い上がる。彼には恋人がいるのだが、なんとそれは学生時代の恩師メイシー先生。しかも、ティムは本気で結婚まで考えているが、メイシーからしてみればただのお遊び。

 コンベンションでは、代理店の代表としての重責を担う。3年連続の最優秀賞受賞がかかっているのだ。社長から、付き合うべき人物と、避けるべき人物のリストを手渡される。だが、行ってみるとなんと避けるべき人物ディーン・ジーグラーと同室とわかる。最初からトラブルの予感。

 だが、出会いもある。敵だと思っていたディーンは、意外といい奴である。美女ジョーンと親密なひとときを過ごしたり、娼婦と仲良くなったりと、今までの彼からは考えられないような行動もとる。今まで真面目に暮らしてきたティム、たまにはそんなことがあってもいいじゃんと思える展開が微笑ましい。

 ティム役にエド・ヘルムズ。「ハング・オーバー」シリーズの歯医者の彼である。そう考えると、あの役と結構重なるね。ディーン役にジョン・C・ライリー。ジョーン役にアン・ヘッシュ。社長役にスティーブン・ルート。コンベンションの主催者?役にカートウッド・スミス(70’sショーのレッド・フォアマンなど)。娼婦ブリー役にアリア・ショウカット(ブルース一家は大暴走のメイビー)。会社を買収しようとしていた男マイク役にマイク・オマリー(gleeのカートのパパ)。メイシー役にシガニー・ウィーバー。

 生真面目な男が、ちょっとしたことで大騒ぎする様が面白い。明らかにBだと思うのだが、なかなか楽しめた。


|

« [映] テイク・シェルター | トップページ | [映] フェイシズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] バッドトリップ! 消えたNO.1セールスマンと史上最悪の代理出張:

« [映] テイク・シェルター | トップページ | [映] フェイシズ »