« [映] スタートレック イントゥ・ダークネス | トップページ | [映] EVA <エヴァ> »

2013年8月17日 (土)

ヨーグルティア:甘酒づくり再チャレンジ

 麹にハマって、いろいろ作るようになった。塩麹、醤油麹、味噌麹、そして甘酒。しょっぱい系の麹は常温でできるのでいいのだが、問題は甘酒。なかなかうまくいかない。買った方が断然美味しいし、手間を考えると作る意欲も失せる(「甘酒でホッと一息」参照)。しばらくは、市販の甘酒を楽しんでいた。

 夏場になって、いよいよ甘酒で暑さを乗り切ろう! と思っていた頃、甘酒の取り扱いがなくなる。売ってないこともないのだが、夏仕様のドリンクだったりすると、いろいろ添加物も入っている。やむなく作ることにしたのだが、これがなかなか面倒臭い。

Photo
 市販の麹のパッケージに、ちゃんと甘酒の作り方も書いてある。麹と、お粥を混ぜて保温するだけなのだが、この保温がネックである。炊飯器が推奨されているのだが、普通に炊飯器で保温すると熱くなりすぎるようで、甘みがイマヒトツ。麹屋さんに相談してみたら、少し蓋を開けて温度を下げるといいよとのお話。さっそくやってみるが、さすがに10時間も炊飯器を、しかも蓋を半開きのまま置いておくって、電気代を考えると気がひける。そこで、水筒を使ったり、となると途中で加温したりと、結構な手間なのだ。結局、5時間ほど炊飯器を利用し、その後、水筒で5時間ほど保温という折衷案で落ち着く。

 ところが。麹屋さんが、素晴らしい道具を教えてくれた。その名もヨーグルティア。ヨーグルトメーカーである。

P1010392
 実は、ヨーグルトメーカーは持っている。だが、私の持っているのは、牛乳パックに巻き付けるタイプ。確かに手軽なのだが、牛乳パックでないとうまくできない上に、温度調節ができない。ところがこちらは、温度設定も、保温時間の設定もできる!! 素晴らしい、実に素晴らしい。

 ってなわけで、さっそく甘酒を作ってみる。麹屋さんに教わったレシピは、お粥と混ぜるのではなく、麹とお湯のみで作ると言うもの。なるほど。濃厚なものができるわけだ。

P1010404_640x480
P1010408_640x480
 劇的に簡単な上に、邪魔にならないサイズだし、見た目も可愛い。付属のレシピを見ると、ヨーグルトはもちろん、甘酒、納豆、塩麹や醤油麹、パンの天然酵母の発酵、果ては味噌(京味噌)まで短時間で作れるらしい。中の容器が2つ付いているのもありがたい。取っ手付きの蓋が付いているので取り外し、持ち運びも簡単。そのまま冷蔵庫に入れられる大きさだ。

P1010410_640x480
 できあがった甘酒(と言うより、甘麹)を、ヨーグルトに入れて食べてみる。すごくヘルシーな、天然の甘味料だ。甘酒作りだけでなく、塩麹や醤油麹にも利用してみよう。

|

« [映] スタートレック イントゥ・ダークネス | トップページ | [映] EVA <エヴァ> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/58008324

この記事へのトラックバック一覧です: ヨーグルティア:甘酒づくり再チャレンジ:

« [映] スタートレック イントゥ・ダークネス | トップページ | [映] EVA <エヴァ> »