« [映] 388 | トップページ | [映] 風と共に去りぬ »

2013年9月18日 (水)

[映] トールマン

 子供たちが誘拐されるというお話なので、シリアル・キラーのお話かと思いきや、意外な展開に。考えさせられる内容だ。

 

The_tall_man

 

 


 炭鉱が閉鎖されてから、産業を失いすっかり活気を失った町、コールド・ロック。この町では、なぜか幼い子供たちが突然姿を消す事件が多発。犯人はフードをかぶった長身の男で、トールマンと呼ばれて、住人たちから恐れられていた。
 医師である夫亡きあと、看護師として一人で診療所を切り盛りしているジュリア。幼い息子デヴィッドと、ベビーシッターと共に暮らしていた彼らの家を、何者かが襲う。連れ去られたデヴィッドを必死で追うジュリアだったが、怪我を負い、倒れているところを刑事に救われる。町外れのダイナーに保護されるが、住人たちの態度はどこか奇妙で…

 

 ジュリア役にジェシカ・ビール。近所に住む少女ジェニー役にジョデル・フェルランド(サイレント・ヒルとか、キングダム・ホスピタルとか、怖い作品によく出ていた少女が、すっかり大人っぽくなったね)。ドッド刑事役にスティーヴン・マクハティ。保安官役にウィリアム・B・デイヴィス(Xファイルのスモーキング・マン)。ある少年の母親トレイシー役でサマンサ・フェリス。

 

 あんまり詳しく書いちゃうとネタバレになってしまうのだが… トールマンというのが何者で、何の目的で子供たちをさらうのか、その子供たちはどうなってしまうのかというのは、最後にわかるのだが、結末にはかなり考えさせられる。親から子供を奪うのだから当然犯罪なのだが、悪いこととはっきり言い切れない部分もあり…

 

 難しいね。そして「ジェニーの選択」も、アリだと思う。意外な展開が楽しめるミステリーだ。

|

« [映] 388 | トップページ | [映] 風と共に去りぬ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] トールマン:

« [映] 388 | トップページ | [映] 風と共に去りぬ »