« [ド] Glee シーズン5 #1~3 | トップページ | [映] フィランケンウィニー »

2013年11月30日 (土)

[映] ロンドンゾンビ紀行

 ゾンビ物だが、これはコメディだね。ノリとしては「ショーン・オブ・ザ・デッド」。そこまで面白いわけではないが、じーさん、ばーさんがゾンビと闘うってのは斬新かも。

 

Cockneys_vs_zombies

 

 


 ロンドンに住むテリーとアンディは、自分たちを育ててくれた祖父レイのいる老人ホームが閉鎖されることを知り、彼らの居場所を守るための資金稼ぎに、銀行強盗をすることに。だが、押し入った銀行から逃げる前に警察に包囲されてしまう。警察の包囲を突破しようと意を決し、外へ出た彼らの前に、もはや警察の姿はなく、街はゾンビであふれていた…

 

 どうやら、悪徳建設会社が、辺り一帯を開発しようとしていたらしい。そこで偶然、地下に埋めてあったゾンビを掘り起こしてしまう。この建設作業員たちが次々とゾンビ化。街はゾンビであふれてしまう。

 

 そんなこととは知らないテリーとアンディたちが銀行へ押し入り、包囲している警察を突破して逃げようと外へ出ると、外はゾンビだらけ。それでもなんとか車に乗り込み、レイじーちゃんのいる老人ホームへ助けに向かうが、そこもゾンビに取り囲まれていた。彼らを連れての必死の逃避行が始まる。

 

 アンディ役にハリー・トレッダウェイ。テリー役にラスムス・ハーディカー。彼らの従姉ケイティ役にミシェル・ライアン(バイオニック・ウーマンのジェイミー・ソマーズ)。銀行にいて人質となった後、一緒に逃げているエマ役にジョージア・キング(ニュー・ノーマルのゴールディ。イギリスの役者さんだったとは知らなかった)。そして、アンディたちのじーちゃん、レイ役にアラン・フォード。

 

 ゾンビ物としてはかなりチープ。だが、取り壊し間近の老人ホームにいる老人たちが、悪徳建設会社の作業員(ゾンビね)と闘うと言う構図はなかなかシニカルで面白い。なんたって、レイじーちゃんは、かつては軍人だったそうで、とっても元気である。銃を持たせたら急に元気になる老人たちが、ここぞとばかりに銃をぶっ放すシーンもなんだか笑える。歩行器を使わないと歩けないヘイミッシュの歩行速度と、ゾンビの歩行速度がほぼ一緒なのだが(^o^;、ゾンビに追われるヘイミッシュの図はコミカルだがスリリング。ダブルデッカーを逃走に使うなんて、ロンドンならではだよね。ただ唯一の欠点は、停車しているとどんどんゾンビが乗り込んで来ちゃうこと…(^o^;

 

 原題は"Cockneys vs Zombies"。邦題の「紀行」にはちょっと違和感があるな。

|

« [ド] Glee シーズン5 #1~3 | トップページ | [映] フィランケンウィニー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ロンドンゾンビ紀行:

« [ド] Glee シーズン5 #1~3 | トップページ | [映] フィランケンウィニー »