« アルファ米で炊き込みピラフは作れるか | トップページ | [映] ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 »

2014年1月19日 (日)

味噌作り教室と「大旅籠柏屋」

 かど万さん主催の味噌づくり教室に再び参加。このお教室、とっても好評だそうで、なかなか空きがないとのことだが、偶然空きが出たので、混ぜてもらえたのだ。前回は異例の暑い時期の味噌作りということで、参加者はさほど多くなかったのだが、今回はまさに味噌作りのシーズン。お教室も満員である。

Cimg1821_640x480
Cimg1824_640x480                今回ゆでていただいた「袖振り大豆」

Cimg1825_640x480                   お馴染みの工程だが…
                ほぐした糀と塩を混ぜて、塩切り糀に

Cimg1827_640x480              大釜でゆでていただいた大豆を各自つぶす
      これがなかなか大変な作業なのだが、それもみんなでやれば結構楽しい

Cimg1830_640x480               つぶれたところで、塩切り糀と混ぜ

Cimg1832_640x480            種水(大豆をゆでた際の煮汁)を加えてさらに混ぜ

Cimg1835_640x480                       樽に詰める

 これ、作業自体は難しくないのだが、材料の仕入れから、大豆を水に浸して、自分で大豆をゆでて…となると、洗い物や片付けもあって、なんだかんだで一日つぶれてしまう。なので、このお教室は本当にありがたい。

 そしてもう一つの楽しみは、味噌作りの後、女将ご自慢の糀を利用したお料理の試食。

Cimg1843_640x480      ゆず味噌、金山寺とトマトソースのカナッペ、かぶとサーモンの漬物、煮豆

Cimg1845_640x480                甘酒を使ったジュース、爽やか(^o^)

 さて、お教室が終わるとちょうどお昼時。近くに「大旅籠柏屋(おおはたご・かしばや)」という、岡部宿の旅籠を再現した史料館がある。中にお食事処もあると知り、さっそく行ってみることに。

Cimg1850_640x480               以前から気になっていた「大旅籠柏屋」

 史料館の入館料は300円だが、お食事処「一祥庵(いっしょうあん)」へ入る場合は通り抜けできる。

Cimg1854_640x480
Cimg1865_640x480
Cimg1866_640x480
 蔵を利用したお店ということで、なるほど、ひんやりした空間。趣のある造りだ。ミニコンサートなどのイベントもあるらしい。

Cimg1861_640x480
 ランチメニューもいろいろあったが、私は「松花堂弁当」、王妃ちゃんは「とろろ汁膳」を頼んだ。

Cimg1867_640x480                  王妃ちゃんの「とろろ汁膳」

Cimg1874_640x480                     私の「松花堂弁当」

 お野菜やお魚を中心にした、とってもヘルシーなお料理だが、ボリューム満点。とろろ汁もちょっといただいたが、これまた優しいお味ながら濃厚。素敵な空間で、美味しくヘルシーなお料理を堪能した。

Cimg1876_640x480                   時代劇でよく見るカゴだね

 ここからは玉露の里も近い。岡部、いいなぁ。

|

« アルファ米で炊き込みピラフは作れるか | トップページ | [映] ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/58973219

この記事へのトラックバック一覧です: 味噌作り教室と「大旅籠柏屋」:

« アルファ米で炊き込みピラフは作れるか | トップページ | [映] ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 »