« [映] 小さな命が呼ぶとき | トップページ | [映] 世界にひとつのプレイブック »

2014年2月24日 (月)

[ド] GCB ~キラめく女の逆襲バトル~

 GCBって何だろうと思ったら、どうやら"Good Christian Bitches"の略らしい。ダラスを舞台に、高校時代の恨みが未だに心に残る中年女性たちが、バトルを繰り広げる。AXNで一挙放送の後、毎週の放送が開始される模様。

Gcb
 カリフォルニアの高級住宅地に住むセレブ主婦アマンダ。夫が詐欺で得た大金を持って、愛人(しかもアマンダの親友)と逃走を図り、途中で事故死。家具などをすべて押収されてしまい、途方にくれたアマンダは、二人の子供たちと共に、実家のあるダラスへ戻ることに。
 高校時代モテモテだったアマンダの里帰りを喜ぶ同級生の男性陣に対し、心中穏やかでない女性陣。それもそのはず、高校時代のアマンダにいじめられ、未だに根に持っている同級生が大勢いた…

 アマンダ役にレスリー・ビブ。同級生シャロン役にジェニファー・アスペン、ヘザー役にマリソル・ニコールズ、クリケット役にミリアム・ショア、そしてカーリーン役にクリスティン・チェノウィス(プッシング・デイジーのオリーヴ、グリーのエイプリル)。
 カーリーンの夫リップ役にデヴィッド・ジェームズ・エリオット(JAGのハーモン“ハーム”・ラブ・ジュニア)。シャロンの夫ザック役にブラッド・バイアー。クリケットの夫ブレイク役にマーク・デクリン。アマンダの母ジジ役にアニー・ポッツ。牧師役にタイラー・ジェイコブ・ムーア(シェイムレスの警官トニー)。カーリーンのおじバール役にブルース・ボックスライトナー(バビロン5のジョン・シェリダン)。

 アマンダは高校時代は人気者で、やりたい放題だったようだ。逆に、いじめのターゲットだったカーリーンは、その後、あちこちお直しをして美人でグラマーな女性に変身。今は大富豪と結婚していい暮らしをしている。そんなところへ、夫の不祥事で戻ってきたアマンダは、今度は格好のターゲットと言うわけだ。

 ご近所のトラブルと言う意味じゃ、「デス妻」に似ているかもしれないが、高校時代の恨みからくるバトルと言う点では、「ゴシップガール」とか、「glee」にも通じるかもしれない。いい年したおばさんたちが、未だに恨みを引きずっているって怖いね。

 南部と言うことで、敬虔なクリスチャンばかり。にも関わらず、相手を陥れるために悪巧みをするんだから、どこがクリスチャンなの!? アマンダは高校生当時、相当ひどいいじめをしていたようで、ヤなやつだったんだろうなぁ。18歳で妊娠し、親の反対を押し切ってLAへ行ったらしい。保守的なダラスの街を出たい気持ちはよくわかる。

 夫ザックがアマンダに夢中なことが気に入らない主婦シャロン。やり手経営者だが、夫ブレイクはゲイであり、そのことを承知で世間体のために夫婦を続けているクリケット。唯一独身、そして唯一アマンダの味方のやり手不動産屋ヘザー。そして、敬虔なクリスチャンながら、アマンダの復讐に燃えるカーリーン。夫リップはアマンダの夫の詐欺で被害を受けたようで、アマンダの周辺を探っている。アマンダの母ジジはプライド高いクリスチャンで、そのためにアマンダとはしょっちゅう衝突するが、彼女をとても愛していることも確か。実に個性的な面々による、ドロドロとした関係でありながら、コミカルで、軽妙なタッチで描かれている。

 今のところシーズン1のみ、全10話。果たしてこのバトルに終わりはあるのか!?

|

« [映] 小さな命が呼ぶとき | トップページ | [映] 世界にひとつのプレイブック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/59190934

この記事へのトラックバック一覧です: [ド] GCB ~キラめく女の逆襲バトル~:

« [映] 小さな命が呼ぶとき | トップページ | [映] 世界にひとつのプレイブック »