« [映] ギャング・バスターズ | トップページ | [ド] ヤング・ドクター »

2014年2月 7日 (金)

[映] コールド・バレッツ 裏切りの陰謀

 どうも最近のクリスチャン・スレイターは、こんな作品ばかりでとても残念。

Sofia
 ブルガリアの首都ソフィア。テロ組織の要人たちが次々と暗殺される事件が発生。アメリカ大使館に勤務するロバートは、事件の捜査を命じられる。彼は元FBI捜査官だが、4年前に妻を失い、退職していた。手がかりがほとんど得られず、捜査に行き詰まりを感じるロバート。知人に誘われて訪れたクラブで、美人ダンサー、ウルスラと知り合い、親密な関係になるが…

 ロバート役にクリスチャン・スレイター。ロバートのボス役にドナルド・サザーランド。謎の多い美女ヴィッキー役にエリカ・ポートノイ。ヴィッキーのセラピスト役にティモシー・スポール(ハリーポッターシリーズのワームテイル)。

 明らかに脚本がまずいね。ツメが甘いと言うか、おおざっぱすぎると言うか。謎の暗殺者の発想はニキータのようで、化ける美女も見事だしなかなか面白い。なのに、彼女の背景というか、掘り下げが浅すぎる。何もわからないまま終わってしまう。結果、ロバートは何もいいことがないまま退場である。

 ロバートの過去だって、もっと描けると思うし、この事件と絡んでも良かったんじゃないかと思う。結局、彼の過去とか、彼の存在自体、あまり意味の無いものになってしまっている。すごく残念。

 もうちょっと脚本に手をかければ、良い作品になったんじゃないかなぁ。とっても残念。

 

|

« [映] ギャング・バスターズ | トップページ | [ド] ヤング・ドクター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/59086037

この記事へのトラックバック一覧です: [映] コールド・バレッツ 裏切りの陰謀:

« [映] ギャング・バスターズ | トップページ | [ド] ヤング・ドクター »