« [映] コールド・バレッツ 裏切りの陰謀 | トップページ | [ド] クレイジーワン ぶっ飛び広告代理店 »

2014年2月10日 (月)

[ド] ヤング・ドクター

 あの、ハリー・ポッターのダニエル・ラドクリフ主演のドラマ。原題は"Young Doctor's Notebook"ということで、若き医師だったころの日記を見つけた男が、昔を思い出すという設定だ。

Young_doctors_notebook
 1934年モスクワ。オフィスの書類を押収されている男。彼は医者であり、新米医師であったころの日記を見つけ、当時を思い出していた…
 1917年。医学学校を卒業したばかりの男は、片田舎の個人病院へ派遣される。主席で卒業したことを自慢していた彼だったが、そこでの仕事は、全く経験が無いことを思い知らされる日々だった… そんな彼の前に幻覚として現れたのは、17年後の自分。もっと威厳を持って行動すべきだとあれこれ指示し始めるが…

 これは、かなりブラックなコメディである。まだ若く初々しいドクターは、成績優秀であることを誇りにし、自信満々で赴任。だが、そんなものは全く役に立たないことを思い知らされる。片田舎で、深い雪に閉ざされた僻地に、医者は自分一人。物資も足りない。一人で、お産から梅毒まで、すべて診なければならないのだ。

 優秀な新米ドクターが、極寒の僻地に派遣されるお話としては、「ノーザン・エクスポージャー(たどり着けばアラスカ)」が有名だが、こちらは時代がもっと古いだけに、医療技術もかなりお粗末だ。しかも、周りに人は住んでいない。なので、患者がやってくる以外は、準医師と看護師二人と自分のみ。息が詰まりそうだ。

 若き医師役にダニエル・ラドクリフ。現在の彼の役にジョン・ハム。んんん… 身長だけ見ても、ちょっとありえないとは思うのだが… 小柄で、なんとなく頼りなさそうな新米ドクターが、どうやって威厳のある、洗練されたジェントルマンに変身したのかは興味あるところ。準医師役にアダム・ゴドリー。看護師役にヴィッキー・ペパーダイン、ロージー・カヴァリエロ。

 若き医師は、日々のストレスからモルヒネに手を出してしまい、依存症になってしまったらしい。確かに過酷な仕事である。だが、日々の治療の様子は、生死がかかっているにも関わらず、どこかコミカル。グロいシーンも多い。

 イギリスの作品で、今のところシーズン2まであるらしい。それぞれ4話ずつなので、全8話。現在の彼の姿を見ても、彼の心に平和は訪れない感じ。果たして彼はどうなってしまうのか!?

|

« [映] コールド・バレッツ 裏切りの陰謀 | トップページ | [ド] クレイジーワン ぶっ飛び広告代理店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/59105978

この記事へのトラックバック一覧です: [ド] ヤング・ドクター:

« [映] コールド・バレッツ 裏切りの陰謀 | トップページ | [ド] クレイジーワン ぶっ飛び広告代理店 »