« [ド] マイケル・J・フォックス・ショウ | トップページ | 人参ジュース »

2014年4月29日 (火)

[映] ビトレイヤー

 制作総指揮リドリー・スコット、出演ジェームズ・マカヴォイ、マーク・ストロングなのに、何で面白くないんだろう…??

 

Welcome_to_the_punch

 

 


 ロンドンの高層ビルで、緻密に計算し尽くされた強盗事件が発生。彼らを追っていた捜査官マックスは、大物犯罪者であるスターンウッドを追い詰めるが、あと一歩のところで取り逃がしてしまう。このとき足に受けた銃弾が元で、足に障害を負ったマックス。
 3年後、撃たれて病院へ運ばれた青年が、スターンウッドの息子らしいとの情報が入る。直前にスターンウッドに連絡していたことがわかり、再び捜査に乗り出すマックスだったが…

 

 マックス役にジェームズ・マカヴォイ。スターンウッド役にマーク・ストロング(「偽りの太陽」のフランク・アグニュー)。マックスの上司役にデヴィッド・モリッシー(刑事トム・ソーン、ウォーキング・デッドの総督など)。

 

 うーん、全体的に暗い雰囲気。アクションシーンは非常にスリリングかつ格好良く、それでこの2人の俳優さんときたら、もう面白くない理由は脚本しか思いつかない…

 

 とにかく話がわかりにくい。スターンウッドは大物犯罪者らしいのだが、彼がどんな人物なのか、あまり詳しくは描かれていない。一方、マックスと宿命の対決みたいなシーンが冒頭にいきなりあるが、それ以前に何かあったのか、無いのかも謎。マックス自身も、このときに撃たれた傷に今も苦しめられていると言うことくらいしか、彼に執着する理由がわからない。

 

 結局、陰謀があったことがわかり、最後はスターンウッドとマックスの間に奇妙な協力体制ができあがり… と言うあたりは格好良いが、うーんやっぱりわかりにくい。

 

 ハリウッド映画ばかり見ていて、頭が弱くなっているのか、単純に理解力が足りないのか、とにかく雰囲気以外、あまり楽しめなかった。残念。

|

« [ド] マイケル・J・フォックス・ショウ | トップページ | 人参ジュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ビトレイヤー:

« [ド] マイケル・J・フォックス・ショウ | トップページ | 人参ジュース »