« [映] ハード・ラッシュ | トップページ | [ド] クロンダイク ゴールド・ラッシュ »

2014年5月 7日 (水)

[ド] エスケープ・アーティスト 無罪請負人

 イギリス製作のミニシリーズで、全3話。エスケープ・アーティストとは、どんな人も無罪にしてしまうという弁護士、無罪請負人のことらしい。だが、ストーリーは思わぬ展開に。

The_escape_artiest
 負け知らずの敏腕弁護士ウィル・バートンは、妻ケイト、息子ジェイミーと、忙しくも幸せに暮らしていた。ある日、女性を惨殺したとして逮捕された男リアム・フォイルの弁護を引き受けることに。彼の無実を疑いつつも、相手のミスをついて見事無実を勝ち取ったウィル。だが…

 ウィル役にデヴィッド・テナント(Dr.Whoのドクター・フー)。リアム・フォイル役にトビー・ケベル。妻ケイト役にアシュレー・ジェンセン(アグリー・ベティのクリスティーナ、エキストラのマギー)。ライバル弁護士マギー・ガードナー役にソフィー・オコネドー。

 無実を勝ち取ったものの、リアムによって妻ケイトを殺されてしまう。すぐにリアムは再逮捕され、今度はマギーの弁護で再び無罪に。納得のいかないウィルがとった行動は… と言う展開だ。

 先の読めない展開に、なかなか見ごたえはあった。だが、リアムの最初の殺害動機、さらにはケイトを殺害した動機が全くわからない。これからまたお世話になるかもしれない有能な弁護士なのに、家族を襲ってどうしよってーの?? 余計疑われちゃうじゃん。

 しかも、捜査中の不備が原因で2回とも無実って、ありえないなー。どんだけいい加減な捜査してんのよ。

 とまぁ、突っ込みいれたいところはいろいろあるが、全体としてはなかなか良かった。

|

« [映] ハード・ラッシュ | トップページ | [ド] クロンダイク ゴールド・ラッシュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/59600543

この記事へのトラックバック一覧です: [ド] エスケープ・アーティスト 無罪請負人:

« [映] ハード・ラッシュ | トップページ | [ド] クロンダイク ゴールド・ラッシュ »