« [映] ゴーン・ガール | トップページ | [ド] それいけ! ポンコツ少年野球団 »

2014年12月13日 (土)

[ド] 「ゲーム・オブ・スローンズ」が熱い

 BSスターチャンネルで、シーズン1と2を無料放送していたのがきっかけで、すっかりはまってしまった「ゲーム・オブ・スローンズ」。今のところ見られるのはシーズン4までで、スターチャンネルでは放送済み。さらに本国では来年4月にシーズン5、再来年にシーズン6と言うところまで決まっているらしい。

 これを見るためにスターチャンネルに加入、シーズン3、4の一挙放送を録画して、チビチビと楽しみながら見ていたのだが、ついにそれも終わってしまった…

 以下、ネタバレありなので、未見の人は要注意。

Gameofthronesseason4

[シーズン1]
登場人物の設定も含めて、平和な時代から戦国の時代へと突入する様子が描かれている。キングズランディングで王として七王国を治めていたのはロバート・バラシオン。どうやら、その前の王は精神を病み、狂王としておかしな行動が目にあまるようになり、殺されたらしく、その際にロバートと共に戦ったのがネッド・スターク、王を殺したのは王の盾ジェイミー・ラニスター。ロバート王の補佐役である「王の手」が死亡した(暗殺された)ことから、北の国ウィンターフェル城を治めていたネッドが王の手に任命され、王都に呼び寄せられるところから悲劇が始まる。

王の妻サーセイと、双子の弟ジェイミーは、密かに愛し合っていた。ウィンターフェル城にやってきた彼らがセックスしているところを偶然目撃してしまったブランは、ジェイミーに高所から突き落とされ、意識不明の重態に。その後目覚めるが、歩けない体になってしまう。

サンサはジョフリーの婚約者として父と共に王都へ行くことに。

ネッドが王の手となり、サーセイとジェイミーのことを知って間もなく、王が死亡(これもハメられた)。バカ息子ジョフリーが王となるが、彼がロバートの子でないことを知ってしまったネッドは意義を申し立てる。だが、失敗。ジョフリーによって処刑されてしまう。

スターク一族は誠実で忠誠心のある、善良な一族なのだが、そのためにネッドは利用されてしまう。彼の死で、一家離散。父の敵を討つために立ち上がった長男ロブと、ネッドの妻キャトリン。王都に囚われの身となった美しき長女サンサ。こっそり逃げ出した次女アリア。国に残って王代理を務める、まだ幼く、足が不自由となった次男ブラン。まだ何もわからない三男リコン。そして、愛人の子であるがためにスタークの姓を名乗れないが、ネッドによって息子として育てられたジョン・スノウは、北壁の守人ナイツウォッチとして極寒の地に赴任している。

北壁の北には、野人と呼ばれる人々が住んでいる。さらに、ホワイト・ウォーカーと呼ばれる、ゾンビのようなものがいるのだが、国に長い冬が来ることで、彼らが南下しようとしている。

かつての王だったターガリエンの生き残り、デナーリスは、海を越えた地に亡命している。だが、王座を取り戻そうと画策、ドラゴンの卵を孵化させることに成功し、3体のドラゴンの母となる。

[シーズン2]
ロブたちの軍は勢いを増す。ロバートの弟スタニスと、レンリーが、自分こそ本当の王だと名乗りをあげて王都に攻め込む準備をするが、レンリーが殺され、スタニスをキャトリンが応援。ロブは、兄弟のように育った捕虜のシオン・グレイジョイを故郷に帰し、援助を求めようと考えるが、シオンは裏切り、ウィンターフェル城をのっとる。ブランとリコンは、こっそり脱出に成功。

ジョン・スノウは、北へ偵察に出て、野人のイグリットを捕らえる。だが逆に捕虜となってしまう。スパイするために彼らの仲間になり、イグリットと恋に落ちる。

デナーリスは、苦境に見舞われながらも着々と力をつけ、兵を増やしていく。

王都では、ジョフリーの暴挙に、母サーセイも手を焼く。サーセイの父タイウィン・ラニスターは兵を率いてロブとの戦いに出ているため、サーセイの弟で小人であるティリオンが王の手代理となる。

そしてスタニスの軍が、王都に攻め入る。腰抜けジョフリーは隠れることばかり考えているが、勇敢に指揮を執ったティリオン。タイウィンの軍が戻ったこともあり、王都は守られる。

[シーズン3]
まだ諦めていないスタニスは、策を練る。

王都ではジョフリーの暴挙が目に余るが、レンリーの新妻マージョリーがジョフリーとの婚姻を希望。彼女が気に入ったジョフリーもその気になり、サンサは虐げられる。マージョリーはジョフリーをうまく操り、サンサに親切にする。

ロブ軍は次第に勢いをなくす。ウォルダー・フレイに、娘の1人と結婚することを条件に援助を頼むが、タリサと結婚してしまったために恨みを買ってしまう。どうしても彼らの援助が必要となったロブは、キャトリンの弟と娘の婚姻を設定し、援助を頼もうと考えるが、その結婚式の席で、身内の裏切りもあり、キャトリンと共に殺されてしまう。

逃亡生活をしているアリアは、この惨劇を間近に目撃。

[シーズン4]
ジョフリーとマージョリーの結婚式の席で、ジョフリーが毒殺される。犯人と疑われたティリオンが捕まり、裁判の末、処刑されることに。だが、ジェイミーによって逃がされ、その際タイウィンを殺害。

ジョフリー殺害のドサクサにまぎれて王都を脱出するサンサ。そして手を貸したのはピーター・ベイリッシュ。彼こそが、すべての騒動のカギだった…

北壁に戻ったジョン・スノウ。だが野人の襲撃にあい、その際、イグリットと対峙。イグリットの最期を看取る。

王都では、ジョフリーに代わって幼い弟が王座につく。そして、その妻の座を狙うマージョリー。それを快く思わないサーセイ。

*************************************
どんどん登場人物が死んでしまうので、勢力図もどんどん変わる。だが、サーセイ、ベイリッシュ、ティリオンは巧みに悪知恵を働かせて生き延びる。

誠実で善良であるがために次々と殺されてしまった両親や兄を見てきて、したたかに生きるすべを身に着けたアリア。

昔からキャトリンにぞっこんだったベイリッシュは、キャトリンの妹ライサを色仕掛けで味方につけ、最終的にはサンサを手に入れる。母の美しさを受け継いだ娘サンサを、どうしても手に入れたかったのだろう。そして、彼を味方につけることでうまく生き延びることを選んだサンサ。

歩けないが、狼犬や、他人に乗り移って操るという不思議な術を身につけたブラン。

遠くの地で、体を張っているジョン・スノウ。スターク家の生き残りたちが、それぞれの方法で闘う。

海の向こうで、王都奪還を画策するデナーリス。怪しげな魔術使いと共に王の座を狙うスタニス。まだまだ謎の多いホワイト・ウォーカー。果たして、この先どんな展開になるのか。シーズン5が待ちきれない!!


|

« [映] ゴーン・ガール | トップページ | [ド] それいけ! ポンコツ少年野球団 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/60802551

この記事へのトラックバック一覧です: [ド] 「ゲーム・オブ・スローンズ」が熱い:

« [映] ゴーン・ガール | トップページ | [ド] それいけ! ポンコツ少年野球団 »