« [ド] それいけ! ポンコツ少年野球団 | トップページ | [映] モンスターズ・ユニバーシティ »

2014年12月14日 (日)

[映] グリフィン家のウェディングノート

 ものすごい豪華キャストだなぁ。息子の結婚式のために集まった家族の騒動を描いたコメディ。なごみ系。

 

The_big_wedding

 

 


 養子である息子アレハンドロの結婚式のため、離婚した夫ドンと10年ぶりに再会した元妻エリー。ドンは、エリーの親友ビービーと同棲中。長男ジャレッドや、長女ライラも戻り、久しぶりの家族再会。アレハンドロの実母もやってくるが、彼女には、夫婦が離婚したことを告げて折らず、敬虔なカトリックであるために離婚はタブーであることから、夫婦円満なふりをするよう頼まれる。やむなく演技をすることにするが、怒ったビービーは家を飛び出し…

 

 エリー役にダイアン・キートン。ドン役にロバート・デニーロ。ビービー役にスーザン・サランドン。ジャレッド役にトファー・グレイス(70’sショーのエリック)。ライラ役にキャサリン・ハイグル(グレイズ・アナトミーのイジー)。アレハンドロ役にベン・バーンズ。婚約者のミッシー役にアマンダ・セイフライド(ヴェロニカ・マーズのリリー)。神父役にロビン・ウィリアムス。ミッシーの両親役にクリスティーン・エバーソール、デヴィッド・ラッシュ。

 

 熟年離婚は良く聞く話だが、夫が自分の親友と、自分の元住んでいた家で同棲中だってのに、エリーは心穏やかだ。その家に平気で泊めてもらうし、3人で仲良くしている。不思議な関係だ。だが、エリーとドンが、夫婦を続けているフリをするよう頼まれたことで、ビービーはむくれて、友情にも少々ヒビが入る。過去を持ち出したりして、式の真っ最中に喧嘩が始まるが、なんだかんだ言って丸く収まる。

 

 アレハンドロは養子だが、エリーもビービーも、そして当然産みの親も母親ということになり、3人も母がいる状態だ。ドンとエリーとビービーの不思議な男女関係、複雑な親子関係など、まさに現代アメリカなストーリー。これだけ豪華キャストなので、それを見るだけでも楽しい。

|

« [ド] それいけ! ポンコツ少年野球団 | トップページ | [映] モンスターズ・ユニバーシティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] グリフィン家のウェディングノート:

» グリフィン家のウエディングノート [風に吹かれて]
結婚式は大丈夫?公式サイト http://www.weddingnote.jp監督: ジャスティン・ザッカム  「最高の人生の見つけ方」コロンビアからの養子で次男のアレハンドロ(ベン・バーンズ)の結婚 [続きを読む]

受信: 2014年12月20日 (土) 15:47

« [ド] それいけ! ポンコツ少年野球団 | トップページ | [映] モンスターズ・ユニバーシティ »