« 御食事処 寿づよし | トップページ | [ド] 「ゲーム・オブ・スローンズ」が熱い »

2014年12月12日 (金)

[映] ゴーン・ガール

 ある日突然妻が失踪。拉致か、逃走か、夫による殺害か。報道は過激化し、夫は犯人に仕立て上げられる。果たして真相は…??

 

Gone_girl

 

 


 5回目の結婚記念日の朝を迎えた男ニック。だが帰宅すると、室内には争ったあとが。妻エミリーの姿はない。すぐに警察を呼び、現場検証が行われる。床に血だまりがあった反応が出たため、ニックはエミリー殺害容疑で逮捕される。ニックは妻殺しの犯人としてメディアに取り上げられ、報道は過激化するが…

 

 ニック役にベン・アフレック。エミリー役にロザムンド・パイク。エミリーの元カレ役にニール・パトリック・ハリス。腕利き弁護士役にタイラー・ペリー。ニックの双子の妹役にキャリー・クーン。刑事役にキム・ディケンズ。エミリーの両親役にデヴィッド・クレノン、リサ・ベインズ。ニックを犯人として攻撃的な報道をしたキャスター役にミッシー・パイル。ニックに好意的な報道をしたキャスター役にセーラ・ワード(CSI:NYのジョー・ダンヴィル)。

 

 エミリーの母親は著名な作家で、代表作が「天才エミリー」シリーズ。なので、子供の頃から注目されて育ったらしいエミリー。NY育ちで、洗練された知的な女性だ。ニックと知り合い、NYで暮らしていたが、二人とも職を失い、さらに両親が破産したために資金援助をさせられ、その上ニックの母親が病気と言うことでニックの故郷ミズーリへ引っ越す。

 

 都会育ちのエミリーにとって、そこは未知の世界であり、馴染めなかったことだろう。故郷に戻ったことで、すっかりだらしない男になったニックは若い教え子と浮気。喧嘩の際、突き飛ばされたことを暴力と感じたエミリーは、身の危険を感じる。

 

 前半は、エミリーの日記を元に進行。なので、ニックがエミリーを殺害して、失踪を偽装したように見える。さらに、エミリーの両親も金に困っており、娘の事件を利用しているようにも思える。ニックの暴力を恐れたエミリーが、逃亡しているとも考えられる。だが、実際はどれでもない。意外な展開を見せるのだ。

 

 ロザムンド・パイク好きなので… 自分の田舎に無理やり妻を連れてきたのに、ほったら
かしで自分だけ好き勝手しているニックには好感持てず。報いを受けなって感じだろうか。

 

 それにしても、メディアの報道は酷い。酷すぎる。あっという間にニックは妻殺しの殺人犯で、最低の男に仕立て上げられる。エミリーは悲劇のヒロインだ。それが、ニックのインタビューが放送されると途端に好感度アップ。見せ方でどうにでも変わるのだ。そして、その利用法を心得ているエミリー。子供の頃から否応なしに注目されていたせいだろう。

 

 これ、続編を作っても面白そう。

|

« 御食事処 寿づよし | トップページ | [ド] 「ゲーム・オブ・スローンズ」が熱い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ゴーン・ガール:

« 御食事処 寿づよし | トップページ | [ド] 「ゲーム・オブ・スローンズ」が熱い »