« お誕生日のケーキ | トップページ | [映] あなたとのキスまでの距離 »

2015年1月 6日 (火)

[映] シュガー・ラッシュ

 ゲームセンターの中のキャラクターたちの物語のディズニーアニメ。トイストーリーと似てる気がする。

 

Wreckit_ralph

 

 


 ゲームセンターのゲームマシンの中では、閉店後、キャラクターたちはみんなで集まって楽しく過ごす。だが、「フィックス・イット・フェリックス」の悪役キャラクター、ラルフは、仲間はずれ。パーティにも呼ばれず、建物にすら入れてもらえない。彼らが楽しむ様子を、1人外から眺める毎日だったが、ある日、思い切ってパーティに押しかける。そこで、ヒーローメダルを手に入れてくれば、マンションの眺めのいいワンフロアをくれるという約束を取り付ける。メダルを手に入れるため、他のゲームに進入するが…

 

 ラルフの声役にジョン・C・ライリー。フェリックス役にジャック・マクブレイヤー(30ROCKのケネス)。シュガー・ラッシュのキャラクター、ヴェネロペの声役にサラ・シルヴァーマン。キャンディ大王役にアラン・テュディック。バトルゲームのキャラクター、カルホーン軍曹役にジェーン・リンチ(GLEEのスー)、ホログラムの将軍役にデニス・ヘイスバート(24の大統領、THE UNITのジョナス・ブレイン)。

 ラルフは悪役キャラと言うことで、ゲームマシンの中の私生活(??)でも嫌われているらしい。いつも仲間はずれで、みんなが楽しくやっている様子を外からさびしく眺めている。仲間に入りたいと思うのも無理はない。彼は「壊し屋」だが、それはそう設定されているからであり、彼に落ち度はない。

 ヒーローメダルを持ってくれば仲間に入れてもらえると単純に考えたラルフ。最初はメダルを取る事しか考えていなかった彼が、ヴェネロペとの出会いで、人を思いやる気持ちが芽生える。今までいつも1人だったからね、そういう感情はなかったのだろう。そして、メダルなんて何の意味も無いことであり、仲間こそが大切なんだということに気づく。「みんながヒーローになれるわけじゃない、ヒーローでなくてもいいんだ」と言うセリフが良かった。

 「フィックス・イット・フェリックス」の中でも、ラルフ不在でゲームにならず。悪役だからと仲間はずれにしていたが、彼がいなければゲームは成り立たないと気づく。

 ゲームセンターのマシンの中のキャラクターが、電源コードを伝って他のマシンに出入りしているというのは、面白い発想だ。かつてそれで騒動を起こしたキャラクター、ターボと言うのが出てくるのだが、彼こそが本当の意味の悪役。

 ゲームマシンの中から見る画面なんて、考えたこともなかった。いろいろなキャラクターが生まれては去っていったのだろう。なんだか哀愁も漂う。親子で楽しめる作品だ。

|

« お誕生日のケーキ | トップページ | [映] あなたとのキスまでの距離 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] シュガー・ラッシュ:

« お誕生日のケーキ | トップページ | [映] あなたとのキスまでの距離 »