« 「そば処ますだや」 とココナッツチップス | トップページ | [映] ダラス・バイヤーズクラブ »

2015年2月16日 (月)

[ド] ダウントン・アビー4 #3 「宴の陰で」

 以下、ネタバレなので要注意。

 ダウントン・アビーでは、オペラ歌手を招いての夕食会&音楽会が開かれる。この場を利用して父に恋人グレッグソンを紹介しようと目論むイーディス。最初は彼らから逃げ回っていて全く彼らの話を聞こうとしない(意図的?)父ロバートだったが、思わぬ才能を発揮するグレッグソンに窮地を救われる。これでバッチリだね、イーディス。

 マシューの死から立ち直りつつあるメアリー。マシュー愛用の蓄音機を見て急に落ち込んだりしているが、同じく貴族で領地を守る身の男性との会話で、今後の領地運営のヒントを得る。

 まぁパーティと言うことで、みなさん華やかな服装で、酒飲んだり豪華な食事を食べたりして、歓談する社交の場。裏では使用人たちがあたふたとしている。そしてメインの音楽会では、客たちだけでなく、使用人たちも鑑賞するいいシーンである。

 だがそんな時、事件が起きる。あぁなんてこと、私の(一押しキャラの)アンナが… そうかそういうことだったのか… 彼女がゴールデン・グローブ賞を受賞した意味がわかった。この演技が認められたのだ。

 今後、アンナはどうなってしまうのだろう? まだヒューズさん以外は事件を知らないが、いずれはメアリーにも伝わり、ロバートやコーラにも伝わるのか? そしてベイツにも? それとも秘密にしたまま1人で苦しむのか?

 夫が戻って、やっと平穏らぶらぶな日々がやってきたと喜んでいたのに… なんとか乗り越えて欲しいと思う。そのためには、打ち明けることが必要ではないかとも思う。毅然とした態度で、法的手段に訴えるという手もあるだろう。いくらこの時代でもあるよね??

|

« 「そば処ますだや」 とココナッツチップス | トップページ | [映] ダラス・バイヤーズクラブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/61148173

この記事へのトラックバック一覧です: [ド] ダウントン・アビー4 #3 「宴の陰で」:

« 「そば処ますだや」 とココナッツチップス | トップページ | [映] ダラス・バイヤーズクラブ »