« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月31日 (火)

[映] ダイバージェント

 なんだかバタバタしていて、映画を見るのは久しぶり。録画したままの映画が山のようにたまっている…

Divergent
 戦争によって荒廃してしまった後、なんとか復興を遂げた地球。その教訓から、人間を適性によって5つの共同体に分け、争いのない社会をめざすように。16歳になると、勇敢・高潔・平和・無欲・博学のどれに適しているかの試験を受け、その後、選択の儀式で自ら選んで将来を決める。その日を迎えたベアトリスは、「無欲」の出身だが、適性試験の結果、異端者=ダイバージェントと診断されてしまう。そのことを隠して「勇敢」に加入するが…

 勇敢は警察に、高潔は弁護士・裁判官など司法に関わり、平和は農業、無欲は奉仕活動、博学は学者などの知識人として、それぞれの共同体で生活する。

 適性によって5つの共同体に分けるとなぜ戦争にならないのか、イマヒトツわからず。おそらく原作小説にはもっと詳しく描かれているのだろう。この5つに属さない職業ってたくさんあり、それを考えるとこれに属さない人を認めない世の中ってのはかなりムリがあるように思える。逆に、どこにでも属せる能力の高い人だっているはずだ。変更がいっさい認められないってのも酷である。

 その辺の設定がどうもしっくりこないのではあるが、スリリングでなかなか面白かった。異端者がなぜ恐れられるのかは、最後にわかるのだが、結末はちょっと物足りないかな。

 ベアトリス役にシェイリーン・ウッドリー。彼女と共に闘う先輩フォー役にテオ・ジェームズ。この作品の面白さは、この2人の魅力によるところが大きいか。ベアトリスの母役にアシュレイ・ジャド。父役にトニー・ゴールドウィン(スキャンダルの大統領、ここでもあまり良いとこなしだ)。試験の検査官役にマギーQ(新ニキータのニキータ)。父の友人だったかなんだったか忘れたがマーカス役にレイ・スティーヴンソン(ROMEのプッロなど)。ジャニーン役にケイト・ウィンスレット。

 3部作ということなので… 人気が出たら続編もアリなんだろうけど、どうだろう。主役の2人は魅力的だったが、ストーリーとしてツッコミどころも多く… と思ったら、もう続編インサージェントはできているらしい。3作目は前後編になるようで、となると全部で4作か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月28日 (土)

みづめ桜と「川根路茶寮ひらら」

桜を見に行こうという夫。なんでも、昼休みにウォーキングしていて知り合ったおじさまから、川根の「みづめ桜」と言う、穴場を教えてもらったらしい。来週だと遅いらしく、明日は雨。行くなら今日と言うわけだ。

なんだかわからないが、車に乗っていれば着き、あまり歩かなくて済むということで一緒に行くことにした。まだお腹の不調は回復していない。

1時間くらいかかっただろうか。そこは川根の茶畑で、小高くなっているところに1本だけ桜の木がある。すぐ下には農家と言うか民家と言うか、そこを管理しているのであろうお宅のお庭にイスとテーブルがセットされており、お茶が無料で振舞われる。お饅頭や、手作りのお惣菜など、ちょっとしたお土産も売っている。

Img_0436
Img_0443
特別駐車場があるわけではなく、みんな路中。交通量が多くないのでいいのだろうか。まだまだ咲き始めな感じ。桜の花自体も、かなり小さめだが、木は立派だ。近くで鶯の鳴く声が聞こえる。のどかな茶畑に1本の桜。

Img_0446

Img_0456
美味しい川根のお茶と、お茶うけのお菓子をご馳走になり、お惣菜とお萩(中はよもぎ餅らしい)を購入。

Img_0476
帰り道、見つけたお店で昼食。「ひらら」と言う、古民家を利用したお蕎麦屋さんだ。

Img_0465
とても暖かな日で、外を歩いていたら暑くなってしまったのだが、建物の中へ入ったらストーブとホットカーペットが。理由はすぐにわかった。隙間風がすごくて、待ってる間に寒くなってきたのだ。なるほど…

Img_0469
お雛様も飾ってあったりして、本当に古民家。

Img_0468
夫はそば膳をザルで、私はお腹が不調なので、でも蕎麦は冷たい方が好きなので、冷たい山菜そばをオーダー。

Img_0473              盛りだくさん!! お腹空いてたらこれ食べたかった…

Img_0474              山菜そばにもちゃんとオレンジゼリーがついててうれしい

そば膳はかなり盛りだくさん。山菜そばは、山菜は温めてあるとのことで、冷たい蕎麦と一緒になって生ぬるい蕎麦に… 蕎麦はまぁ普通か。夏は涼しくて気持ちよさそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上の子、一応卒業式

下の子の新居の支度が一段落したところで実家へ戻った。翌日が上の子の大学の卒業式だったからだ。

大学の卒業式なんて別に親が行かなくてもいいんじゃないかって気もする。だが、入学式がなかった彼らである。合格発表の翌日、あの東日本大震災があったのだ。それを考えると、卒業式くらい行っておきたい。

1学年の人数が3000人と多いので、卒業式は2部構成になっているらしい。第一部が理系の学部。その後、第二部で文系の学部。第一部に出席した後、11:00から学科ごとに学位記伝達式と言うのをやるらしいとわかる。だが、よくよく調べると、9:00からの第一部は安田講堂なのだが、保護者は中に入れない。別室でモニター鑑賞となり、学科の伝達式とやらは同じ教室に入れるとのこと。それなら9:00から行かなくてもいいんじゃないかと言い出す上の子。でも、せっかくなので、9:00から行こうよと説得。

だが翌朝、思わぬ事態が。まさかの体調不良。お腹がピ~で、食欲が全くない。とりあえず上の子だけ行かせ、私は11:00からのに出席すべく、とりあえず糖分と水分だけとって支度。そろそろ出ようかと言うところで、上の子からメールが。

どうやら安田講堂には全員は入れないらしい。遅いから入れなかったのか? なんだかよくわからないが、中に入れず、外でスクリーンを立ち見だという。しかも、せっかくスーツを着ていったのに、運動靴で行ってしまったという… 外で1人でスクリーンを立ち見なんてアホらしいので、靴を取りに帰るという上の子。それなら、今丁度出るところなので、持って行くよと言うことになり、革靴持って出発。最寄り駅で待ち合わせ、靴を履き替えさせる。

10:50くらいに大学に到着。天気はいいのだが、風がめっちゃ冷たい。咲いている桜は1本だけ。とりあえず携帯で記念に写真を撮る。カメラ忘れたのが悔やまれる…

150325_104944_150x200
慌てて教室へ入ると… 学生の席は決まっているが、保護者の席は、後ろの方に数列あるのみ。すでに一杯で、立ち見もぎゅうぎゅう詰め。おチビの私にはほとんど見えず… みなさん、カメラでバシャバシャ撮影していたが、上の子の席は前の方だし、ガラケーで撮影できるとも思えず断念。やっぱりカメラ忘れたのが悔やまれる… とりあえず、学位記を受け取るシーンだけはしっかりと見届けた。

その後、学科で記念撮影。これもみなさん写真撮りまくりだったので、私も負けずにガラケーで撮影。やっぱりカメラ忘れたのが悔やまれる…

150325_122736_200x150
あとはなにやら書類を受け取って終了。

150325_124111
ちょうど昼だったが、全く食欲のない私。そして、付近の店を全く知らない上の子。結局、そのまま帰宅し、近所の西友でお弁当を買って帰る。私は実家に戻ってから残り物でオジヤを作って食べた。

なんだかあっけない卒業式。思えば、彼の卒業式はいつもそんな感じだった。特別友達が多いわけでもないので、みんなで式の後騒ぐこともない。さっさと帰りたいといつも言い、今回もそうだった。それに、卒業とは言え、まだあと2年あるもんね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月27日 (金)

下の子、引っ越す ~番外編~

下の子と別れた翌日は、上の子の卒業式だった。そしてその翌日、下の子の教科書販売のため、大学で待ち合わせた。

上の子の時は、教科書販売は1人で行かせた(まだ下の子が中学生だったからね)が、甘えん坊の下の子、1人では心細いのだろう、一緒に行くことになった。その日、卒業した先輩たちの使っていた家具などのリユースバザーと言うのもあるということだったので、それを物色し、教科書を買い、学食パス(交通系のICカードを、学食で利用するというもの。親がチャージできる上に、食べたものをネットで見られるので、1人暮らしの子供の食事管理によさそうだ)の登録をするのがこの日のミッション。

上の子の大学と違い、学生数が少ないこともあり、この日やってきた新入生は多くなかった。バザーへ行くと、もうすでに買ってしまったものばかり。唯一、扇風機が欲しいというので、500円で購入。でも、これ持って帰るの???

学食パスの登録のため、学食へ行くと、どうやらこの日の登録第一号だったらしく、あちこち連れまわされる。500円分の学生協で使える券をもらい、無事登録完了。学校のある日は、昼夜ここで食べれば、安上がりだしラクチンだろう。私としても安心だ。

そして教科書購入。参考書と関数電卓も買うという。かなりの出費… 混雑していないので、あっと言う間に購入完了。扇風機を受け取り、最寄り駅へ。

ダイソーで買いたいものがあるという。ラーメン用の丼、パスタ用の大き目のお皿を買う下の子。確かに、私が準備した食器は茶碗とお椀、小さめの皿のみ。パスタには小さすぎ、鍋のまま食べたとのこと。そうか、さっそく作ったのね…

大荷物のまま、昼食へ。
「昼、食べるでしょ? 食べて行くでしょ? 朝軽かったから、お腹空いちゃった~」
と言う下の子。朝食は豆腐とヨーグルト、伊予柑だったらしい。

「超早く食べられて良かった~、豆腐いいね、また買っとこう、これから朝食は豆腐」
お腹が冷えそうだが…

「今晩何にしようかな~」
と主婦のようなことを言う。

昼食を済ませると、扇風機と大量の教科書、皿を持ってアパートへと戻って行った…

150326_121953_150x200
そしてその晩来た写メは…

Img_0013
私があげたキャベツピーラーをさっそく使ってみたらしい。もうちょっとバランス考えてほしいが… とりあえずやる気を評価したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下の子、引っ越す ~後編~

引越し作業を終えて寝袋に寝た翌朝。暖房をかけたまま寝たので少々乾燥していたが、朝日が気持ちよく、すがすがしい。

炊飯器でさっそくタイマー炊飯。レンジを使って味噌汁を作り、鮭フレークとウィンナーで質素な朝食。今日こそはガスつないでもらわないとね!! 朝8時から電話しまくった下の子、やっと9時につながり、9:30くらいに来てくれることに。この日の予定はガスと、こまごました足りないものの購入、そして大学の最寄り駅まで行き銀行の口座開設、服の購入、ダイソーで必要なものの物色。

★ガス
支度をしていると、ガス会社のおじさんがやってきた。外回りを点検後、台所へ。ガスコンロをさっそくつけてみるが… 片側のコンロが使えないことが判明。がーん… 実はこのコンロ、前の住人が置いていったもので、使えるようならそのまま使わせてくださいとお願いしたら、Aさんが気を利かせて綺麗に掃除を頼んでくれたものだった。

150323_095023
買うとそれなりの金額になるという。だが、直径20cmのなべ型フライパン1つしか買ってないので、どうせコンロ2つなんて使わないからいいよと言う下の子。そうか、それじゃ、これでなんとかがんばって…

やっとガスがつながり、調理ができるということで、二人で生協へ行き、食材調達。生協が近いのでとてもありがたい。自らもやしと豚こまを買うという下の子。どうやら自炊する気らしい。

★昼食
電車で大学のある駅へ。もう昼を回っていたので、まず昼食。入試前日、下見の日に行ったお店へ。この後の計画を練る。

150324_131848              私の頼んだ、ツナとモッツァレラのトマトクリームパスタ
                         生パスタがめっちゃうまい

150324_131840                下の子のクリームパスタだったか? 温たま乗せ

★銀行口座開設
2:30、銀行へ。本人確認書類が保険証しかないということで、20歳未満なら保護者が作れるとウェブに書いてあった銀行へ行ってみることに。時期的なものなのか、かなり待たされる。40分ほど待ってやっと呼ばれるが、保険証の住所が新住所でないとここでは作れないと言われ、直すべきか否か、もめる。直さないのならば、公共料金の支払いをした頃、それを持ってくればできると言われるが、1人でまた来なきゃならないのはイヤだとの理由で、さっさと直すことにした下の子。手続きを終えたらもう3:30だった。

★しまむらとダイソー
服の調達にしまむらへ。ありがたいね、安い服で文句を言わないどころか、高い服はもったいないと言い張る下の子。パジャマやシャツをまとめて購入。そのまま近くのダイソーで、こまごましたものを購入。

本当は財布も新調したかったのだが、なかなか気に入ったものが見つからず。見つけたときに買えばいいねと言うことに。すでに5時を回っていた。前日からの疲れもあり、二人ともクタクタ。そこで下の子はアパートへ、私は実家へと別れた。

数時間後、下の子から写メが送られてきた。記念すべき自炊第一号。ちゃんと味噌汁も作ったらしい。しかも出汁は私が教えたとおり、ちゃんと鰹節。やるなぁ。

Img_0010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下の子、引っ越す ~前編~

ついにこの日がやってきた。下の子、引越しの日。合格発表の日から、いや入試の日から、着々と準備をしてきた。アパートのカギを受け取る日に、家電、布団、日用品、家から送った荷物が届くよう手配もした。だが、何かとトラブルは起こるものである。

カギを受け取る日の前日、下の子と共に実家に一泊。当日、朝9:30にアパートの前でカギを受け取るよう不動産屋のAさんにお願いしておいた。だが、なぜか「予定通り9:00に行きます」と言う電話があったという夫。ううむ… それを知ったのはすでに夜だったので電話で確認するわけにもいかず… 一応、確認のため、「予定通り9:30にお願いします」とメールしておいたが、結局Aさんから返事はなかった。

当日、9:30ぴったりにアパートに到着。Aさんからアパートのカギを受け取り、ゴミ捨て場所などを確認。家賃の支払い先口座を確認。電気ガス水道は、この番号に連絡してくださいと言われる。この日から入居と言ってあったのに、手配してくれてはいないのね…

下の子本人に連絡するよう言うと、不安げな表情。どうやら私が全部やってくれると思っていたらしい。そんなバカな、これから1人暮らしするってのに、そんなことでどうする。しぶしぶ電話をかけ始める下の子。水道はすぐにつながったが、電気は混んでいるようでなかなかつながらない。そしてガスは…

「本日の業務は終了しました」
って、月曜の朝10:00ですけど!?

結局その日はつながらず、お湯も使えなきゃ調理もできず。でもそんなことで動揺してはいられない。まだこまごましたものが揃っていないのだ。買い物に行かねば。下の子に留守番させて、私は近くの生協に買い物に。トイレに入りたいけど、トイレットペーパーがないのだ。冷蔵庫がまだ届いていないので、とりあえずトレペ、洗剤の類を調達。やっとトイレに入れる…

150323_093836          何も無い部屋… 築23年ってことで、あちこち傷みはあるが文句は言えない

そうこうしているうちに、荷物第一弾が届く。13個。家から午前中指定で頼んだものから、ニトリに午後配達で頼んだものまで、全部一緒に持ってきてくれた。さて、端から開封しなくちゃ~と思いふと下の子を見ると、ネットがつながらないと大騒ぎで、開封どころじゃないという。やむなく、1人で黙々と作業することに。

次に西友に頼んだ布団一式が届く。ロフトに乗せて、寝る準備だけは万端。

150323_201119
そろそろ昼ってことで、2回目の買い物をかねて、食料調達。ゴミが少なくて食べやすいパン(入試の日に食べた、美味しいパン屋さんへGO!)と、下の子が食べたいというたこ焼き(パン屋さんの目の前にあったのを確認済み)。お掃除グッズなどを購入して戻ると、ヘルプを頼んだ上の子が来てくれていた。机とイスが組み立てなので、そういうことの得意な彼に頼んでおいたのだ。ネットの件もどうやら彼に聞いて解決したらしい。やっと作業する気になってきた下の子。

パンをパクついていると、家電がやってきた。冷蔵庫と洗濯機を設置してもらう。パンを流し込んだ後、さっそく3回目の買い物へ。生協へ食料品の調達だ。調理はまだできそうにないので、米とすぐに食べられそうなものを物色。味噌は持参したので、レンジを使えば味噌汁くらいは作れそう。米を担いで帰宅する途中、プロパンガスを運んでいるトラックを発見。慌てて追いかけたが間に合わず、見失う。ちっ

食料品を冷蔵庫に入れ、カーテンを取り付けると、少々長い… ちょっと折ってまつり縫いでごまかす。兄弟でイスを組み立てる。

そしてやっときた、ニトリの机。かなり大荷物で、狭い部屋の中で上の子指揮の下、二人で手分けしてまずは中身のチェック。すると、ドライバーがないという… もしかして、買って来いって言ってる??

150323_154938
そして4回目の買い物。日用雑貨のお店へ行ってみるが、置いてないといわれ、コンビニへ行って発見。兄弟で組み立てることおよそ4時間、机が完成。荷物も大方片付いて、大量のダンボールを束ね終わったのは夜7:00。

150323_201048            まだまだあれこれ足りないが、とりあえず住めそうになってきた

3人で、近所のお蕎麦屋さんへ、夕食を食べに行った。相変わらずすぐに決まる下の子、なかなか決まらない上の子。結局、寒いこともあって温かい蕎麦とうどんで温まった。

150323_191033             私はすっごく久しぶりに鍋焼きうどん 上の子も初チャレンジ

150323_191119                        下の子は鴨そば

同じアパートの住人にご挨拶へ行ってみるが、出てきてくれたのは1軒のみ。あとは、明らかにいるのに(掃除機かけてる音がしたもん)出てこないけど、まぁしょうがない。持参したタオルにメモをつけて郵便受けに入れておいた。

上の子は帰って行き、お風呂にも入れないので、早々に寝ることにした。だが、布団は下の子の分しかないので、私は寝袋。上の子高校入学の時に買わされた寝袋が、こんなときに役に立つとはね… だがさすがにフローリングに寝袋はかなり冷えるので、大量にあるダンボールを敷いてみた。座布団をまくらに。まるでホームレスのようだが、意外と寝心地よかった。と言うか、疲れ果てていたので、爆睡。

やれやれ… なんとか一日目は終わった…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

[ド] Empire 成功の代償

 FOXで始まった作品で、大手レコード会社「エンパイア」を舞台にしたドラマ。黒人音楽業界と言うことで、GLEEの黒人版?みたいに勝手に想像していたのだが、もっとダークでドロドロした権力争いだ。

Empire
 かつてはヒップホップ界で名をはせたルシウス・ライオン。今は大手レコード会社「エンパイア社」のCEOとして権力を握っていた。ALSと診断され、余命宣告を受けた彼は、自ら作り上げた帝国の後継者を決めるため、3人の息子たちに権力争いをさせることに。そんなとき、17年の服役生活から出所した元妻クッキーが、エンパイア社の権利を求めて押しかけ…

 ルシウス役にテレンス・ハワード。妻クッキー役にタラジ・P・ヘンソン(パーソン・オブ・インタレストのカーター)。長男アンドレ役にトレイ・ベイヤーズ。次男ジャマル役にジャシー・ スモレット。三男ハキーム役にブリシャー・グレイ。ルシウスの秘書役にガボレイ・シディベ(アメリカン・ホラー・ストーリー3のクイーニー)。

 これはなかなか面白い。ルシウスは余命宣告を受けたことで、会社を息子のうちの1人に継がせることにする。周りは誰も彼の病状を知らない。長男アンドレは大学院まで出た秀才で、悪知恵が働く。自分が継ぐべきと考えている。白人の妻がおり、二人で策を練る。次男ジャマルはゲイで、メキシコ系の恋人と同棲中。一番優しい子で、母からは深く愛されているが、父からは嫌われている。音楽の才能があり、やる気になればトップを目指せると母はにらんでいるが、そこまでやるしたたかさが彼には欠けている。末っ子のハキームはしょうもない遊び人だ。甘やかされて育ったのだろう。ラッパーとしての才能があるとルシウスは期待しているが、努力することを知らないハキームはたとえ成功しても身を滅ぼすだけだろう。

 そんなところへ、元妻クッキーが出所。どうやらかつてドラッグ売買などをして稼いだ金でレコード会社を立ち上げ、現在があるらしい。だが摘発され、1人で罪をかぶって服役。にも関わらず、ルシウスは彼女を見捨てて離婚し、帝国を我が物にしている。私にも権利があるはずと乗り込んできたクッキー。当然っちゃ当然。

 末っ子に継がせたいルシウスは、彼をスターにしたいという願望もある。最愛の息子ジャマルをスターにしたいクッキーは、彼を歌手として育てる権利をよこせと要求。息子たちをコマにした元夫婦の闘い。それを利用しようと、権力を求める長男アンドレが母クッキーと手を組む。ジャマルとハキームは仲がいいが、ジャマルには、父に愛されているハキームに嫉妬する気持ちもある。

 ルシウスは、今ではCEOだが、元はチンピラ。子供の頃からの友人が金をせびってきたことから、容赦なく殺害。冷酷な一面も持っていることがわかる。

 果たしてどんな展開になるのか?? シーズン1が12話。シーズン2も決まっているらしい。楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月11日 (水)

木の葉 (蕎麦屋)

 これからの新生活に備えて、キャッシュカードを作るため、下の子と共に郵便局へ。午前中、学校に合格の報告(担任には話してあるのだが、他の先生方にも挨拶しにいくという)に出かけて行った下の子。私は服やら何やらを買出しに行き、下の子が戻るのに合わせて郵便局で合流。

 手続きを済ませたらもう昼。近くに蕎麦屋があるので、食べて帰ろうということに。このお店に入るのは、下の子が中学生の時以来なので、3~4年ぶりか。

150311_122004
150311_115610
 最近、鴨南に凝っている下の子だったが、あいにくメニューにはない。迷った挙句、とろろご飯とそばのセット、蕎麦大盛りで。私はいつものように天おろし。

150311_120259            写真がブレちゃったけど、お蕎麦はツルツルしこしこでとってもうまい

150311_120337_2                天ぷらは、えび、キス、ナス、ピーマン、かぼちゃ

 ここいらの蕎麦屋は本当にハズレがない。ここもそう。蕎麦はもちろんおいしいし、お値段も良心的。天おろしは天ぷらも蕎麦も結構なボリューム。大好きなとろろご飯と蕎麦に下の子も大満足。お腹も大満足だ。

********** 2016.01.31 追記 **********

 本日、たまたま映画を見た帰りに立ち寄ったら、いつにない大混雑の店内。なんだろうと思ったら、なんと本日で閉店とのこと。ショック… またひとつ、美味しいお蕎麦屋さんがなくなってしまった…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

大学入試~合格発表 再び [後編]

 合格発表までの9日間は本当に長い。国立大学の場合、下の方の大学から順番に合格発表がある。東大・京大が最終日3月10日。それに比べれば早くわかってしまうのだが、それでも長い。

 3月6日の朝10時に、大学の掲示板に番号が貼り出されるという。ネットにも発表されるが、それは12時。この2時間は長い。発表を見に行こうよと言ったのだが、落ちていたら無駄足になるからイヤだという下の子。でも早く知りたいじゃん!! そうだ、上の子に頼もう!

 卒論の発表も終えたので、比較的時間が自由になるらしい上の子。聞けば、見に行ってくれるという。なんと頼もしい。だが、難点が1つ。彼は朝が弱い…

 事前に、母にも上の子を起こすよう頼んでおいたが、当日の朝、8時に上の子に電話。「起きてるよ」と言う声にホッとする。それから待つこと2時間。これがまた長い。

 一応、一泊できるよう簡単に荷造り。すぐに出かけられるよう着替えてメイクアップ。
「その化粧がムダにならないといいねぇ」と下の子。だねぇ…

 10時。下の子と共に、携帯を見つめて待つ。証拠として写メ送ってねと言ったので、携帯にメールが来るはずだ。だが連絡が来ない。10時10分。まだ来ない… 迷って大学に到着してないとか? 人が殺到していて番号が見られないとか? などと考えうる原因を下の子と話していたら、突然、家の電話が鳴った。なぜ家の電話が???

 公衆電話から、上の子が電話してきた。ボソボソと「第一志望の学科に合格してるよ」と言う。やった、やった~!! でもなんで公衆電話から???

 あとでよくよく話を聞いたら、前日に充電したにも関わらず、大学に到着したらすでに80%に、写メを撮ったら50%に、さらにメールを送ろうとしたら切れてしまったらしい。バッテリーがもうダメなのか。
 これまたあとで聞いた話だが、10時に発表を見に来た人はそれほど多くなく、押し合いへし合いもなかったらしい。そうか、そんなもんか。やっぱり東大とは違うよね…

 吉報を聞いた私はすぐに夫にメール。前回、夫が一番最後になってしまって文句を言われたので、今回は一番最初に連絡。そして、担任の先生にもメール。さらに私の母に電話。今晩泊めてねと付け足す。不動産屋にも連絡。Aさん不在だったので、午後に伺いますと伝言を頼む。いざ出陣… と言うところで、担任から電話が。イヤだ、代わるなとジェスチャーする下の子だが、そういうわけにもいかんだろう。

 下の子に代わり、しばし会話。どうやら彼らの高校からこの大学に行く学生が出たのは3年ぶりらしい。強面の先生もとてもうれしそうだった。

 行きの新幹線では、まだ信用しきれない我ら。12時になったので、夫にネットの発表を見て確認してもらおうと携帯を見たら、すでに確認したという連絡が来ていた。良かった、本当に大丈夫そう。大学に到着し、掲示板を確認。これで3回目の確認となるが、何枚も写真を撮影。夢じゃないよね。

Img_0348                  午後だったこともあり、閑散としていた
              学生の人数が少ないので、番号が印刷された紙もかなり小さい…

Img_0359                  梅の花? 一本だけ綺麗に咲いていた

 その足で不動産屋へ。Aさんの案内でアパートへ。あちこち寸法を測る。本人もここでいいと言うことで、契約のための書類をもらう。二人で駅周辺を一回りし、アパートの場所を再度確認。私よりよっぽど方向感覚がいいので、ちゃんとアパートまでたどり着けそうだ。

 家電量販店で冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、炊飯器を購入し、配達を頼む。さらに布団一式も購入し、配達を頼む。とりあえずこれだけあればなんとかなるだろう。ここまでですでに6時を回っていて、家具を見に行く時間も体力もなかった。二人ともぐったりで実家へ。疲れたけど、うれしい疲れ…

 ぐっすり眠ってのんびり支度して帰宅。そこには、大学から届いた入学手続き書類が。やったね、本当に合格したんだね。間違いないよね。

 その日の夕食は、合格を祝ってローストチキン。毎年クリスマスに購入する冷凍のローストチキン、去年は2つ購入し、1つはこの日のためにとっておいたのだ。

Img_0374
 ローストチキンをパクつく下の子、
「うまいね~、合格の味(^o^)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

大学入試~合格発表 再び [前編]

 あぁ、またこの日が来るとは… 上の子の大学入試騒動から4年。ついに下の子の番がやってきた…

 思えば、かなりパッパラパ~なお子ちゃまだった。小学校に入るまで、読み書きはできなかったし、成績だってよくなかった。高学年になってからも、社会のテストで「東シナ海」と書くべきところを、「東日本海」と言う謎の海域を書いた子である。中学校に入れたのも奇跡に近いが、入学して一番最初の英語のテストは28点(50点満点)だった。優秀な子の多いこの学校でこの点数はかなり珍しい。明らかにギリギリでの入学だったのだろう。

 それでも、気づけばそれなりの点数が取れるようになり、上の子と同じ高校に進学。これまた奇跡に近い。だが、入学当初の順位はビックリするほど低く、やはりギリギリでの入学だったと思われる。

 不思議なもので、そんな彼も彼なりに地道な勉強を続けたせいか、受験の頃にはそれなりの点が取れるように。入学当初は国立大学はムリじゃね?ってな感じだったが、国立大学を受験できる日が、彼にも来たのだ。

<受験前日~当日>
 東京の大学(上の子とはだいぶ違うが)を受けることにした下の子と共に、入試前日から東京へ。実は一度もこの大学を見に行っていないので、二人で下見。構内にも入ることができたので、大体の場所を確認し、駅からかかる時間もチェック。最寄り駅の近くでやっと昼食。

150224_134645               何パスタだったか忘れたが、うまかった~ 生パスタ
                     モッツァレラとえび入り、バジルソースがけ


150224_134638                  オムライスは、まぁ普通 半分ずつ食べた

 その後、上の子のいる、私の実家へ。そして迎えた2月25日…

 例のごとく早めに実家を出発。下の子を学校まで送り届ける。上の子とは違い、道中いろいろと話をした。少々緊張しているようではあったが、基本、おしゃべりなので、黙ってはいられないのだろう。学校の前で別れたときも、一瞬私を振り返った。「がんばってね!」と言う私に、うなづいた。

<アパート探し>
 下の子を送り届けた後、私はアパート探し。実は1月下旬からネットで少しずつ情報を集めていた。大学のある駅周辺は家賃が割高なので、2駅ほど離れた場所で手ごろな家賃の便利そうな場所にめぼしをつけた。たまたま連絡した不動産屋に、なんと、同じ藤枝出身だという方が。同郷と言うこともあり、これも何かの縁な気がして、このAさんにお願いすることに。受験付き添いで行くついでに、アパートを数件見せていただくよう予約を入れておいた。

 だが約束の10時まで1時間半もあるので、とりあえず駅周辺を1人で偵察。それほど広くないこともあり、2周も回ってしまい、足に水ぶくれが…

 10時、不動産屋へ。Aさんが周辺の格安物件を準備してくれていた。それを4件に絞り、実際に見せていただく。

 1件目から、なかなかいい感じの物件。ほぼ希望通りな上に駅から近い。だがちょっと予算オーバー。たまたま同じオーナーさんの別物件が近くにあるからと言うことで、そちらも見せていただく。まだ前の方が出たばかりとのことで、掃除もまだではあったが、ほぼ希望通り。しかも金額も予算内!! その後も2つほど見せていただいたが、2番目の物件が一番よさそうなので、仮押さえ。合格発表まで、本契約を待ってもらえる(万が一不合格となっても、違約金なし)と言う。なんてありがたい。

 大家さんにその旨連絡するというAさん。
「合格発表まで待って欲しいということで… でもね、ボク、地元だからわかるんですけどね、すっごく優秀な高校の生徒さんで、1校しか受験しないので、相当自信があるんだと思います。だから、たぶん大丈夫です(^o^)」
ってそんなこと言っちゃっていいのか…!??? 確かに高校には優秀な友達がたくさんいるが… 下の子は底辺だぞ… それに、国立だから1校しか受験できないんだし、私立はたとえ合格しても行かれない(金銭的にねっ!!)から受けなかっただけ…

 そう言いながら、「で、なんて大学でしたっけ???」って、近所なのに知らないって、やっぱり知名度低いのね… でも一応、国立大学ですからっ

 仮契約を済ませた後、駅近くのパン屋さんで昼食。
Img_0278                 このパン屋さん、すごく美味しくて感激
                     紅茶も、お湯のお代わり自由でうれしい
                     イートインスペースも結構広くてにぎわっていた


食べ終わったらもう2時近かったか。かなりぐったりだったが、なんとか実家までたどり着いた。そして夕方、下の子が帰宅。表情は明るい。もしかして??

 夕食後、数学と物理の問題を、上の子と答え合わせする下の子。そして私には英語の問題が手渡された。読めってか?? 総合した感じでは、ギリギリだけどイケたっぽいと浮かれる下の子。またギリギリかよ…

 翌日はゆっくり起きてのんびり新幹線で帰宅。新幹線の中で昼食をとるのが常。上の子と一緒だと、いつも「なんでもいいよ」と投げやりなのだが、下の子は食べたいものがはっきりしている。このときも、「ますの寿司」が食べたいという。私はいつも行くヘルシーなお惣菜のお店へ。

Img_0279                  生春巻きは二人でシェア うまかった~
                            洋風の巻物とサラダ


Img_0280                         ますの寿司

1人でこんなに食べられるの?? と聞いたら、大丈夫大丈夫、なんていいながら、さすがに最後は飽きたようで、少し分けてもらった。やれやれ、泣いても笑っても、もう結果を待つのみ。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 5日 (木)

[ド] エクスタント

 スピルバーグ製作総指揮、ハリー・ベリー主演。これはもう期待するしかない。WOWOWで4月から放送開始のドラマ、#1のみ先行放送。

Extant
 宇宙ステーションでの13ヶ月間単独任務を終え、帰宅したばかりの宇宙飛行士モリー。ヒューマニックの開発者である夫ジョンと暮らすが、子供に恵まれず、ジョン製作のアンドロイドにイーサンと名前をつけ、息子として育てていた。だが、戻ってきてからと言うもの、イーサンをなんとなく不気味に感じるモリー。そして、帰還後のメディカルチェックで思わぬ事実を突きつけられた…

 モリー役にハリー・ベリー。夫ジョン役にゴラン・ヴィシュニック(ERのコバッチ)。イーサン役にピアース・ガニォン。友人(?)ジュリー役にグレイス・ガマー(ニュースルームのヘイリー。メリル・ストリープの娘さんで、メイミー・ガマーの妹)。大企業のトップ、ヤスモト役に真田広之。モリーの友達で担当医でもあるサム役にキャムリン・マンハイム(プラクティスのエレノア、パーソン・オブ・インタレストのコントロール)。

 13ヶ月も宇宙で1人なんてヤだなぁ。しかもこの間、何か事件があったようで、帰還したモリーは妊娠していた。そんなはずはないと驚くモリー。だが、心当たりはあるようだ。

 ジョンは、より人間らしいロボットをと開発、息子として育てている。だが、あくまでも人間扱いと言うことで、出資者を得られず。そこへ、謎の企業のトップであるヤスモトが、出資を申し出る。しかも、企業としてではなく、個人的に。いかにも怪しい。

 シーズン2まで決まっているようで、それぞれ13話ずつ。

 #1を見ただけではなんとも判断できず。興味はあるが、どう展開するかによるね。吹き替え版で見たが、真田広之はちゃんと自分で吹き替えしている。お疲れ様… ハリー・ベリーって年取らないのかしら…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 2日 (月)

卒業式と「エッコラ」

下の子の卒業式。まだ前期試験の結果も出てないのにね。国立大学のみ受験の生徒の多い彼らのクラスでは、ほとんどの子がもやもやした気持ちでの参加となる。

Img_0328
昨日の雨がうそのように快晴。風は少し肌寒いが、日差しもあるので歩いていると結構暖かい。講堂もさほど寒くなくてよかった。

粛々とと言うか、淡々と式は進む。申し訳ないけれど、校長の話やら来賓の話やらは結構眠くなってしまった。暖かかったからね、そういうことにしといて。だが、卒業生代表のスピーチはとても良かった。笑いも取り入れながら、感動的な話を、実にうまくまとめたスピーチ。思わずうるうる来てしまった。こういうときにうるうる来ない人間なのに。

そうこうしているうちに式は終わり、教室へと誘導される。担任による、例によって難解な話が結構長く続いた。そのくせ、卒業証書を一人ひとり手渡しする際は妙にあっけない。もうちょっと言葉かけがあってもいいんじゃ?

そしてこれまたあっけなく、「はい、それじゃ、これで」と終わろうとする担任を引き止める女子生徒。花束が準備されており、担任に手渡された。仏頂面で受け取った担任は、「それじゃ」と、さっさと教室を去っていった。なんてそっけない。だが私は気づいた。強面の担任、ちょっとうるうる来ていた。そんな姿を見られまいと、さっさと退室したのだと察する。

男子生徒からは結構不評の担任だった。怖いのだろう。すぐに怒鳴るし、いつもなんだかイラついている感じ。面談の時のわかりにくい話も不評だった。で、結局何が言いたいんだ?? とみな頭をひねる。

だが私にはなぜか彼の言わんとしていることがわかる気がする。確かにわかりにくい話だし、わかった気がするだけで全くの勘違いかもしれない。だが、ストレートに言わずに回りくどい言い方をするには理由があると思う。自分の頭で考えさせる。あーしろ、こーしろと言ってしまうのは簡単だが、あえてそうは言わず、外堀から埋めていく。彼なりの方法なのだろう。

素直に言わないのは照れだと思う。そういう人だと感じた。決して悪い人ではないし、実際、かなりいい助言をしてもらったと、私は思う。

そんなことを話しながら、ママたちはランチへ。もう来ることはないかもしれない「エッコラ」。

Img_0342
前回入ったときとは若干値段が違う気がするが、メインのパスタを選び、前菜かスープかカナッペかを選び、食後の飲み物を選ぶというスタイルは同じ。私はボロネーゼと前菜、紅茶をチョイス。隣の友達はスープとキャベツと桜海老のパスタ、コーヒーをチョイス。ジェラートとフォカッチャがついて、前菜だと1750円、スープかカナッペだと1400円。ちなみに、前菜は結構食べ応えあった。

320x206                     前菜を選ぶと1750円

320x185                  スープを選ぶと1400円

このメンバーでランチをすることはもうないかもしれない。そう思うとなかなか去りがたく、長居してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »