« 一つ目の入学式 | トップページ | [ド] ハウス・オブ・カード 野望の階段 »

2015年4月 7日 (火)

[映] エージェント・ライアン

 ジャック・ライアンシリーズだが、これまでとは違って、若き日のジャック・ライアンを描いたもの。それでいて時代は現代。

 

Jack_ryan_shadow_recruit

 

 


 ロンドン留学中に同時多発テロによる脅威を目の当たりにしたジャック。すぐに大学をやめて海兵隊に入隊。だがヘリの墜落で重傷を負う。リハビリ中に知り合った医学生キャシーと同棲。そしてその頃、CIAにスカウトされ、アナリストとして仕事をするように。
 モスクワの投資会社の不穏な動きに気づき、指摘したジャックは、現地に飛ぶよう指示される。そこでの仕事は…

 

 ジャック・ライアン役にクリス・パイン。これまでジャック役にアレック・ボールドウィンやハリソン・フォードが挑んできたが、個人的にはアレック・ボールドウィンが一番イメージに近い気がする。私の勝手なイメージだが。
 キャシー役にキーラ・ナイトレー。ジャックの上司ハーパー役にケヴィン・コスナー。ロシアのチェレヴィン役にケネス・ブラナー。

 

 アナリストが急にエージェント?と思ったが、何のことはない、元々海兵隊員ってことは、肉体派なのだ。頭脳明晰でもあるってだけ。前半はスリリングで面白かったが、終盤はまぁ月並みか。いかにもアメリカ映画な感じの終わり方。

 

 アクションとしては見ていて面白かったが、クリス・パインはやっぱりジャック・ライアンというよりは、カーク船長だなぁ。動物的勘で動く肉体派が合ってる気がする。

|

« 一つ目の入学式 | トップページ | [ド] ハウス・オブ・カード 野望の階段 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] エージェント・ライアン:

« 一つ目の入学式 | トップページ | [ド] ハウス・オブ・カード 野望の階段 »