« [映] her/世界でひとつの彼女 | トップページ | [ド] アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場 »

2015年5月30日 (土)

[映] トランスフォーマー/ロストエイジ

 シリーズ4作目なのね… これまで主役だったシャイア・ラブーフは出ておらず、他のキャストも変わったようだ。

 

Transformers_age_of_extinction

 

 


 正義の機械生命体オートボットは、地球制服を企む機械生命体ディセプティコンと戦いを続けていたが、そんな彼らを両方とも敵視し始めるアメリカ政府。それと言うのも、彼らのDNAから機械生命体ガルヴァトロンを開発してしまったため、オートボットの力が必要なくなったのだった。
 一方、廃品回収業のシングルファーザー、ケイドは、中古トラックを格安で購入。だが実は、ディセプティコンのリーダー、オプティマスプライムだった…

 

 ケイド役にマーク・ウォールバーグ。ガルヴァトロン開発をしている企業の社長?役にスタンリー・トゥッチ。CIA役にケルシー・グラマー。ケイドの娘テッサ役にニコラ・ペルツ(ベイツ・モーテルのブラッドリー)。テッサの恋人シェーン役にジャック・レイナー。ケイドの仕事仲間役にT.J.ミラー(「グッドウィン家の遺産相続バトル」のジミー)。オートボットの声役でジョン・グッドマン、渡辺謙。

 

 長い。話が長い。戦闘シーンは確かに迫力あるのだが、途中で疲れた。だが、恐竜絶滅は実はこの生命体の創造主が関わっているとか、かなり壮大なストーリーである。

 

 中国を舞台に機械生命体が派手に戦う。機械生命体を大量生産しようと考えたアメリカ政府が、中国に工場を作るっていかにもだなー。それがあればオートボットの手を借りなくても済むと踏んだようだが、ガルヴァトロンには実はメガトロンが入っていて… と、メガトロンはなかなかしつこい。

 

 この感じからすると、まだまだ続きそう。もういいんじゃない?なんて思いつつ、見てしまうんだろうな…

|

« [映] her/世界でひとつの彼女 | トップページ | [ド] アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] トランスフォーマー/ロストエイジ:

« [映] her/世界でひとつの彼女 | トップページ | [ド] アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場 »