« 台所からキッチンへ ~リフォーム大作戦~ Part III | トップページ | 藤枝おんぱく 平安時代の装丁技法でノートづくり体験 »

2015年5月21日 (木)

9日間電子レンジ生活 ~リフォーム大作戦~ 番外編 

台所のリフォーム期間9日間。その間の食事をどうするか。夫婦2人なので、それほどたくさんの食料は必要ではなく、なんとかなりそうだと考えて踏み切ったリフォーム。それでも9日間は結構長い。1日3食。お弁当も必要だと言い張る夫。

リフォーム前日、いろいろ考えた挙句、多めの作り置きおかずで数日は乗り切ることに。けんちん汁4日分、かぼちゃの煮物、きんぴらごぼう、糠漬けを作った。さらに、ほうれん草、ブロッコリー、小松菜、もやし、豆をゆでて、保存容器に入れて冷蔵庫へ。冷凍庫には、調理済みのサバのみぞれ煮、いわしのしょうが醤油煮、マグロ中オチ、手羽元醤油煮、カルビ丼。朝の納豆6日分、小分けの豆腐7日分。缶詰も数種類ある。

さらに、3日分のサラダを、メイソンジャー(と普通の瓶)に準備。これで3日間は全く問題なく、ほぼ普段どおりの食生活ができた。けんちん汁は鍋ごと冷蔵庫へ保存し、食べる分だけお椀によそい、レンジでチン。

Img_1148
4日目、けんちん汁が終わってしまったので、買い置きしてあったインスタント味噌汁を利用。お椀に水とゆでておいた野菜などを入れ、レンジでチン。そこへインスタント味噌汁を投入。あとはほぼ通常通り。

5日目は通院日のため、リフォームはお休みの予定だったので、病院の帰りにスーパーでお惣菜を少々購入。インスタント味噌汁にゆで野菜チョイ足し。

6日目、ついにインスタント味噌汁も終わり。お椀に水とゆで野菜、粉末の鰹節を入れてレンジでチン。自家製の味噌を入れて簡単味噌汁。

7日目、日曜の朝。ついに朝の納豆も終わってしまったので、レンジで「すごもり卵チーズ乗せ」。(器にゆでたほうれん草と卵を入れ、黄身に楊枝で数ヶ所穴を開け、チーズを乗せてレンジでチン 2人分で2分くらいか) あとは、買い置きしてあった鮭フレークと、レンジ味噌汁の朝ごはん。

Img_1304
日曜のため、リフォームお休みと言うことで、買い物へ。ついにゆで野菜も終わってしまったので、ほうれん草と小松菜、もやしを購入。レンジでチンして保存容器へ。冷蔵庫に残っていたレタス、きゅうり、トマト、豆、たまねぎなどで、またサラダを3日分メイソンジャーに作る。メインのおかずは冷凍庫のもので数日食いつなげそうだったので、キッチン復活後に食べる分として、普通に肉と魚を購入。キッチンが使える日が待ち遠しい。

8日目、あと少し。オリーブオイルサーディンの缶詰があったことを思い出し、前日に作り置きしたサラダに乗せていただく。付け合せは、ジャガイモ(レンジでチン)のバジルソース(冷凍)和え。

Img_1365
9日目。キッチンはほぼ完成したのだが、一部の巾木がまだってことで、冷蔵庫を所定の位置に置くことができず。それでも移動しないとインターホンなどが付けられない(移動する通路が狭いため)と言うことで、とりあえずキッチンの中だけど、巾木取り付けのできる位置に置いて一日すごすことになった。それは、ガスコンロの目の前であり、使えるのだが、ちゃんとした料理はできそうにない。

よく使う食器や、鍋釜などキッチングッズのみとりあえず収納。この日は味噌汁だけ作り、あとは残り物で済ませた。

10日目。夕方、ついに全ての工事が完了。冷蔵庫も所定の位置に設置され、ちゃんと料理ができるようになった。が、養生をはずしたら部屋中に木屑がたまっていたので、掃除機をかけて雑巾がけ。さらに大量のキッチングッズがまだ別室なので移動していたら、すっかり夕飯の時刻を過ぎ… この日も味噌汁と、魚だけ焼いて、あとは残り物で済ませた。

長かったキッチンなし生活。1週間なら問題なかった気がするが、それを超えるとさすがにつらかった。火のありがたみを感じた。レンジのありがたみも感じた。さて、これからは素敵なキッチンと、念願のガスオーブンで、せっせと料理しなくちゃねっ

|

« 台所からキッチンへ ~リフォーム大作戦~ Part III | トップページ | 藤枝おんぱく 平安時代の装丁技法でノートづくり体験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/61604743

この記事へのトラックバック一覧です: 9日間電子レンジ生活 ~リフォーム大作戦~ 番外編 :

« 台所からキッチンへ ~リフォーム大作戦~ Part III | トップページ | 藤枝おんぱく 平安時代の装丁技法でノートづくり体験 »