« [映] トランスフォーマー/ロストエイジ | トップページ | [映] ラストミッション »

2015年5月31日 (日)

[ド] アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場

 シリーズ通してキャストはほぼ同じで、シーズンごとに全く違う内容と言う異色のドラマ、アメリカン・ホラー・ストーリー。シーズン4は「怪奇劇場("Freak Show")」、FOXで放送が始まった。

American_horror_story_freak_show
 1952年、フロリダ州北部の街ジュピター。郊外の住宅で、惨殺された女性が発見される。この家には、結合双生児の娘ベットとドットも住んでおり、怪我を負っていたため、病院へ運ばれる。
 一方、フリークショー(見世物小屋)を経営する女性エルサは、立ち退きを迫られていた。客はほとんど集まらず、経営的にも危機的状況。ベットとドットの存在を聞きつけたエルサは、2人をフリークショーに迎えることに。

 ベットとドット役にサラ・ポールソン(ジャック&ジルのエリサ)。エルサ役にジェシカ・ラング。エルサの右腕でヒゲの生えた女性エセル役にキャシー・ベイツ。なかなか似合ってる。エセルの息子でロブスターのような指を持つジミー役にエヴァン・ピータース。病院の看護師(?看護助手??)だったがエルサに誘われてフリークショーにやってきたペニー役にグレイス・ガマー(ニュース・ルームのハリー、エクスタントのジュリーなど メイミー・ガマーの妹、メリル・ストリープの娘さんだね)。やたら人を殺しまくる口裂けピエロ役にジョン・キャロル・リンチ。金持ちのおばさん役にフランシス・コンロイ(シックス・フィート・アンダーのルースなど)。
 #1には出てこなかったが、マイケル・チキリス、アンジェラ・バセット、エマ・ロバーツも出演している。

 フリークショーと言うことで、見世物小屋に暮らすメンバーは、みんな何かちょっと変わったものを持っている。ひげ女、ロブスターの指、巨人(女性)、小さい女性などなど。52年と言うことなので、見た目がちょっと変わっているという人たちにとっては、とても生きにくい社会だったことだろう。そんな彼らが助け合い、支えあっている場所でもある。

 エルサは、彼らのまとめ役だが、彼らのためと言うよりは、実は自分自身がスポットライトを浴びたいんだと、告白している。彼女自身、実は障害があり、歌手(女優?)の夢を絶たれたのだろう。何があったのかはまだ不明だが、今後明かされるのだろうか。

 そして、彼らの仲間入りしたベットとドット。結合双生児の彼女たちは、顔は全く同じだが、性格は全く違う。夢見る乙女のドット(左側)に対し、何にでも懐疑的でキツイ性格のベット(右側)。バランス的にはいいのかもしれない。その容姿から、外へ出ることを禁じられ、存在を隠されていた彼女たちは、あるとき母親に対しての怒りを抑えきれずに殺害。それを偽装するために自らに傷をつけ、発見されて病院へ運ばれたことでエルサに招かれることとなった。彼女たちを中心に物語りは進むのだろう。

 さらに謎の存在が。口裂けピエロだ。なぜか人を殺しまくっているこの男、少年と若い女性を拉致監禁。彼の目的は何なのか。彼もフリークショーの一員なのか???

 シーズン4は全13話。シーズン5も決まっているらしい。果たして、今度はどんな物語が展開するのか。楽しみだ。

|

« [映] トランスフォーマー/ロストエイジ | トップページ | [映] ラストミッション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/61674184

この記事へのトラックバック一覧です: [ド] アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場:

« [映] トランスフォーマー/ロストエイジ | トップページ | [映] ラストミッション »