« [ド] 私はラブ・リーガル6 #13 最終話 | トップページ | [映] パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間 »

2015年6月18日 (木)

[映] クリスマスの贈り物

 「最高の贈りもの」に引き続き、超季節外れのクリスマスストーリー。アフリカ系アメリカ人のお話で、タイトルに「おくりもの」が入る作品。見始めて気がついた。これってミュージカルなのね…

Black_nativity
 ボルチモアで母ナイマと2人で暮らしていた少年ラングストン。だが、家賃の滞納がたまり、立ち退きを通告されてしまう。ナイマは、ラングストンを両親に預けて働くことを決意。今まで疎遠になっていたため、一度も会ったことのない祖父母の元で突然暮らすことになったラングストンは…

 ナイマ役にジェニファー・ハドソン。ラングストン役にジェイコブ・ラティモア。ナイマの両親役にフォレスト・ウィテカー、アンジェラ・バセット。質屋のオヤジ役にヴォンディ・カーティス・ホール(シカゴホープのDr.ハンコック)。ラングストンの父役にタイリース・ギブソン。

 若くしてチンピラの子を妊娠してしまったナイマは、親の反対を押し切って家を出て出産、シングルマザーとして暮らしていたが、どうにもこうにも暮らせなくなって息子を両親の元へ預けて単身働こうと決意したのがちょうどクリスマスの頃で、その雰囲気で家族が和解って感じか???

 それ以上の話はなく、ストーリーはかなり浅い。見せ場は歌だと思うのだが、そしてみんな抜群の歌唱力なのだが、歌が暗い。冒頭からして暗い。見ていて楽しくない。

 後半、教会でのコンサートシーンでは、迫力満点のゴスペルで多少気分は盛り上がるが、教会、クリスマスということで、どっぷりキリスト教。クリスチャンではない者としては、かなり引く…

 こういう音楽が好きな人にはいいと思う。歌は素晴らしい。だが、ミュージカル苦手な人、暗い曲が苦手な人、楽しくなりたい人にはお勧めしない。

|

« [ド] 私はラブ・リーガル6 #13 最終話 | トップページ | [映] パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/61759189

この記事へのトラックバック一覧です: [映] クリスマスの贈り物:

« [ド] 私はラブ・リーガル6 #13 最終話 | トップページ | [映] パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間 »