« [映] マレフィセント | トップページ | [映] ディス/コネクト »

2015年7月30日 (木)

[映] ドム・ヘミングウェイ

 しょうもない男が、娘との関係を築くために改心するお話?

Dom_hemingway
 金庫破りのドムは、ボスの罪をかぶって12年服役。出所した彼は、相棒ディッキーと共にボスの元へ行き、恩を売って多額の報酬を得る。だが、その夜ハメをハズした彼は事故を起こし、そのスキにボスの愛人に金を盗まれてしまう…

 ドム役にジュード・ロウ。ボス役にデミアン・ビチル(ブリッジ(アメリカ版)のマルコ・ルイズ)。相棒ディッキー役にリチャード・E・グラント。娘エヴリン役にエミリア・クラーク(ゲーム・オブ・スローンズのディナーリス)。一緒にハメをハズしていた女性メロディ役にケリー・コンドン(ビリーブのDr.ゾーイ・ボイル)。

 ジュード・ロウってこんなにブ男だっけ??と言う感じの役。その道のプロとして、ボスのために12年服役したドム。ボスを売ってもっと早く出所する道もあったが、あえてそうしなかった男。だが失った12年は、何物にも代えがたい。服役中に妻は病死。娘にも会えずに疎遠になってしまっている。

 だがこの男、出所するなりハメを外す。さらにボスに絡んで多額の金をもらって大満足。またハメを外す。で、盗まれる。しょうもない男である。

 そんな、大人げない浅はかな男は、当然のように娘にも見放されている。だが、何としても娘との絆を取り戻したい。娘のために更正しようと思ってはいるようだが… こういう人は変わらないね。

 コメディと分類されているようだが、確かにコミカルに描かれているとは思うが、こういうのをコメディに分類しないで欲しいな。せめて、コミカルな犯罪ものとかさ。だって、純粋に笑えるコメディが見たかったんだもの!!

|

« [映] マレフィセント | トップページ | [映] ディス/コネクト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/61984822

この記事へのトラックバック一覧です: [映] ドム・ヘミングウェイ:

« [映] マレフィセント | トップページ | [映] ディス/コネクト »