« [映] キングスマン | トップページ | [映] サベージ・キラー »

2015年9月14日 (月)

[映] カムバック!

 サイモン・ペグとのコンビが多いが、今回はニック・フロスト自身が主役のダンス・コメディ。メタボ体型だが、踊りはピカイチだ。

Cuban_fury
 かつては天才少年サルサ・ダンサーだったブルース。だが、全国大会の直前、不良グループのイジメにあったことがきっかけで、ダンスをやめてしまう。時は過ぎ、メタボ体型の中年男となったブルースは、職場にアメリカからやってきた女性上司ジュリアにひそかな憧れを持つように。そして彼女が、実はサルサを習っていると知ったブルースは、再びサルサを踊る決意を固めるが…

 ブルース役にニック・フロスト。ジュリア役にラシダ・ジョーンズ。ブルースのかつての先生ロン役にイアン・マクシェーン(デッドウッドのアル)。会社の同僚ドリュー役にクリス・オダウド(IT課のロイ)。ブルースの妹サム役にオリヴィア・コールマン(ドクター・フーのローズのママ、「セレブになりたくて」のサイモンのママ)。駐車場でのダンスバトルの際、通りかかるドライバー役で一瞬だけサイモン・ペグも登場。ニック・フロストは脚本も担当。

 今の体型を見ると、とてもダンスができるとは思えないが、ブルースのダンスはキレも抜群だ。少年時代は、妹サムとペアで踊っていたらしく、サムも踊れる。すっかりおばさんになったサムと、あれだけ練習したのに全然痩せてないブルースの迫力のダンスシーンが一番の見どころか。

 いや、イヤミな同僚ドリューとのダンスバトルの方が見どころか。とにかく王道のストーリー展開ではあるが、それもまた心地いい。自信の無かったブルースが、ダンスを再び練習し始めたことでとてもいい表情になってくる。ダンス仲間(イラン人? 絶対ゲイ)や、遊び仲間(ダンスなど全く無縁)との友情、妹との絆など、コミカルで心温まり、さらに勇気ももらえる作品だ。

|

« [映] キングスマン | トップページ | [映] サベージ・キラー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/62279907

この記事へのトラックバック一覧です: [映] カムバック!:

« [映] キングスマン | トップページ | [映] サベージ・キラー »