« [映] エクスペンダブルズ3 ワールドミッション | トップページ | [映] ジャージー・ボーイズ »

2015年9月 6日 (日)

[映] わたしは生きていける

 小説が原作らしい。アメリカからイギリスの親戚の家にホームステイにやってきた少女が、第三次世界大戦勃発のあと、イギリスの田舎町で生き延びるお話。

How_i_live_now
 NYに父と暮らしていたデイジーは、16歳の夏、イギリスの田舎町に住む伯母の家にホームステイすることに。伯母は不在がちで、3人の従兄弟妹たちと過ごす日々。だがそんなとき、突然第三次世界大戦が勃発…

 デイジー役にシアーシャ・ローナン。従兄のエディ役にジョージ・マッケイ。従弟アイザック役にトム・ホランド。従妹パイパー役にハーリー・バード。伯母役にアンナ・チャンセラー。

 第三次世界大戦なんて恐ろしいなぁ。ここではその原因とか、その辺の詳しいことは全く描かれていない。ただ、伏線として、デイジーが空港に到着した時点ですでにパリでなにやらテロらしきことが起こっていた。伯母はその辺のスペシャリストらしく、かなり緊迫した感じで忙しそう。そして交渉か何かのために出張に行ってしまう。

 デイジーは、生まれたときに母親を失っている。そのため自分は災いの元だという思いがあるらしい。父ともうまく行っていない様子で、どうやら伯母のところへ厄介払いされた感じだ。NYで暮らしていたデイジー、伯母の家はロンドンからかなり離れた田舎町。好んでやってきたとは思えず、従兄弟妹たちにも生活にも、当初は全く馴染もうとする様子は見られない。

 それが、従兄エディとのふれあいで少し変わる。彼に惹かれるのだ。そんな時に勃発した第三次世界大戦。ここでデイジーの表情が劇的に変わる。従兄弟妹たちとの暮らし、エディと過ごす田舎の暮らしを、心から楽しむようになる。

 だがそんな楽しい暮らしが続くはずも無く… 強制連行された彼らの苦難が始まる。

 変わった役が多いシアーシャ・ローナン、ここでも芯の強い少女を好演。悲しい結末だが、希望の持てる終わり方だ。こんな世の中にならないことを願う。

|

« [映] エクスペンダブルズ3 ワールドミッション | トップページ | [映] ジャージー・ボーイズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/62228513

この記事へのトラックバック一覧です: [映] わたしは生きていける:

« [映] エクスペンダブルズ3 ワールドミッション | トップページ | [映] ジャージー・ボーイズ »