« [ド] STALKER:ストーカー犯罪特捜班 | トップページ | [映] アントマン »

2015年9月22日 (火)

[映] ザ・ヘラクレス

 ギリシャ神話でおなじみのヘラクレスのお話。なんで今更ヘラクレス?と思ったが、なかなか見ごたえあった。

The_legend_of_hercules
 古代ギリシャ。暴君アンピトリュオン王は侵略を続けていた。王妃アルクメネは、続く戦争での犠牲者を思い、女神ヘラに助けを乞う。ヘラの計らいで、アルクメネは王ゼウスを子を身ごもり出産。生まれた子はアルケイデスと名づけられるが、ヘラからは、ヘラクレスと言う名をもらっていた。
 20年後、青年となったアルケイデスは、クレタ島の姫ヘベと恋に落ちる。だが、アンピトリュオン王は、長男イピクレスの妻としてヘベを迎えると宣言。さらにアルケイデスにエジプト遠征を命じる。

 ヘラクレス役にケラン・ラッツ。ヘベ姫役にガイア・ワイス。アンピトリュオン王役にスコット・アドキンス。アルクメネ王妃役にロクサンヌ・マッキー。長男イピクレス役にリアム・ギャリガン。エジプト遠征の隊長ソティリス役にリアム・マッキンタイア。王の側近役にラデ・シェルベッジア。

 ストーリー展開は王道か。暴君である王に愛想を尽かした妻が、神に助けを求め、ゼウスの子を身ごもる。自分の息子ではないと知った王は、アルケイデスを邪険に扱う。エジプト遠征を命じるが、兵を半分に減らし、次男が戻ってこないよう手を打つ。息子を殺すためにそこまでする王である。

 それでも生き延びたアルケイデスは、ヘラクレスとして剣闘士として戦い、圧倒的な強さを見せる。彼の目的は、生きて故郷に戻ること、ヘベを取り戻すことだ。

 壮大な物語が、ずいぶんとテンポよく進む。ヘラクレスはとにかく強い。迫力の戦闘シーンが見所だ。劇場では3Dだったようで、なるほど、確かにそういうシーンが多々あった。ハッピーエンドと言えよう。意外性は全くないが、見ごたえはあった。

|

« [ド] STALKER:ストーカー犯罪特捜班 | トップページ | [映] アントマン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/62333073

この記事へのトラックバック一覧です: [映] ザ・ヘラクレス:

« [ド] STALKER:ストーカー犯罪特捜班 | トップページ | [映] アントマン »